2020年 9月 30日 (水)

無礼者! 上司や先輩の子供に「お年玉あげる」のがNGな理由

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   アベノミクスが2015年のお年玉戦線(?)にどんな影響を与えるか、は定かではない。「冬のボーナス5.7%増、全業種で伸び 経団連集計」(日本経済新聞2014年11月13日配信)といったニュースをしっかりチェックし、増額や「お年玉をくれる人の層が広がる」ことへの期待に胸をふくらませている子供もいるかもしれない。

   これからのお正月休み、上司や先輩の家に初めて招かれるという人もいるだろう。その際、上司や先輩に小学生などの子供がいる場合、気になるのは「お年玉」をあげるべきなのかどうかだ。親戚の子供なら、当たり前にあげるものだが、上司の子供となれば、判断に迷う人も少なくなさそうだ。正解は・・・。その理由とともに紹介する。

お年玉もらうことを期待するのが子供の心理」という指摘も

明けまして・・・「お年玉による出費」が怖い!?
明けまして・・・「お年玉による出費」が怖い!?

   質問サイト、ヤフー知恵袋には2014年の年初、上司の子供にお年玉をあげても良いものなのか、あげるとして何歳ぐらいの子供からあげるのか、といった疑問が寄せられていた。

   2013年にも、「彼氏の上司の子供に、お年玉はどうすればいいでしょうか?」(9月21日)という相談が載っている。「現場系の仕事」の彼氏と付き合っているという女性が質問者で、彼氏に「上司というか親方と先輩」がおり、それぞれ3人、2人の子供がいるという。

   彼氏は職場で「一番したっぱ」だが、「親方は彼氏を可愛がってくれていて、お世話になっている」ので、夏の御中元は渡したそうだ。そして、冬シーズンにむけ、

「(お子さんに)お年玉は渡した方がいいのでしょうか? 渡すとすれば、いくらぐらいが良いものなのでしょうか?」

と頭を悩ませている。確かに、お中元を渡すような付き合いをしているのであれば、お正月の挨拶として、子供たちにお年玉を・・・という気持ちも、分からなくはない。

   回答者からは、「たとえ『雀の涙』のような量でもあげたほうが、人間関係的にもいいと思いますよ。こういうのは気持ちがいちばん大事ですからね」とか、「お正月に会う大人からは、お年玉をもらうことを期待するのが子供の心理でしょうね。直接その子供さんたちと会う機会があるのであれば、何がしかは渡された方が、子供たちの期待は裏切らないと思います」などのアドバイスが寄せられた。やはり、上司や先輩の子供たちには、「お年玉」をあげるのが正解なのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中