2021年 2月 27日 (土)

えっ?派遣先のラウンジに舞妓さんが登場?? 彼女が歌ったカラオケ曲は何と・・・

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

18歳の「普通の女の子」らしい一面

   「京都ブーム」や、舞妓さんを題材にした映画のヒットもあって、舞妓に興味をもつ少女は増えているそうです。が、サツキさんのように、18歳まで続くのは少数派。舞妓さんになるには、置屋さんで「仕込み」と呼ばれる1年の修行をしなければなりません。京ことばを覚えたり、先輩の手伝いや掃除洗濯をこなしたり。親元を離れての厳しい生活に、辞めてしまう子も多いのです。

   その頃からサツキさんを知っているママは、「昔はサっちゃん、めっちゃ細かったなぁ。今の方がふっくらしてええわ」と言っていました。上品な京ことばで、「ご飯が美味しくて、つい食べ過ぎてしまう」と笑うサツキさんですが、舞妓さんの仕事は、苦労も多いのかなぁと思いました。

   舞妓になって3年目のサツキさんは、さすが、振る舞いもしっかりしています。お客さんを積極的に喜ばせるというよりは、彼女がそこにいるだけで、場の空気が和むような感じ。さすがプロ・・・!と思っていたら、18歳の「普通の女の子」らしい一面を見ることもできました。お客さんから、「サツキさんの歌声が聞きたい」と言われ、彼女が選んだ曲は、若者に人気の「JUJU」。しかも、普段からカラオケが好きなようで、採点結果はなんと「98点」。みんなで「サツキちゃん、すごい!」と大絶賛です。

   それまで「92点」が最高だった常連さんは、ちょっと対抗心を燃やしたのか、「自分も、この曲なら最高得点を出せるぞ」と、河島英五の「酒と泪と男と女」を、2回連続で熱唱。が、結果はむなしく「85点」「80点」......。肩を落とす常連さんにも、優しく、「私は1曲、歌わせて頂いただけで十分です」と、京ことばで微笑みかけるサツキさんでした。あれから5年。彼女は、舞妓を卒業し、立派な「芸妓」になっているでしょうか。今でも時々、思い出します。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中