2019年 5月 25日 (土)

「小保方さん」タイプが職場を制する? 男性集団でチヤホヤされる「ヲタサーの姫」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   メンバーのほとんどが男性という文化系サークルや集団に在籍する、数少ない女子を、「ヲタサーの姫」と呼びます。彼女たちの特徴は、なんといっても、その「希少性」。数が少ないので、男性集団の中で「姫」扱いされるのです。そんな「ヲタサーの姫」こそ、男社会で大成するのだ!という主張が話題を集めました。どういうことでしょうか。

謙虚で、男性の存在を脅かさない

職場で女性は私だけ
職場で女性は私だけ

   話題を集めたのは、海外経験やコンサルティングファームなどでの職業経験を武器に、鋭いツイートで人気を集めるMay_Roma(めいろま)氏のコラム(「世界のどこでも生きられる」、コンテンツサイト「cakes」で連載中)です。彼女は、2014年11月18日~12月9日にかけ、合計4回にわたって、「日本の男社会でうまくいくのはヲタサーの姫である」との記事を掲載しました。

   めいろま氏によると、男社会で成功するのは、男並みの能力をもった「名誉男性タイプ」ではありません。名誉男性タイプの女性は、仕事はもちろん、ファッションセンスも抜群。週末はジムで体を鍛えるなど、とにかくスキがないイメージです。しかし、めいろま氏は、こうした女性が、日本の男社会で成功することは難しい、と言います。日本で大成するのは「ヲタサーの姫」なのです。女性慣れしていない日本のエリート男性が好むのは、基本的に、服装はダサく、ぽっちゃり体型の「ヲタサーの姫」タイプ。彼女たちは、男性と対等に競争しようなんて思っていません。「◯◯さんと一緒に仕事ができて、嬉しいです」と謙虚で、男性の存在を脅かさないのです。その「ヲタサーの姫」タイプの代表格が、STAP細胞問題で世間の注目を集めた「小保方さん」だとか・・・。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中