2020年 10月 29日 (木)

正社員廃止後の社会 残業減り、賃金上がりやすくなる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

賃金が上がりやすくなる

   正社員をなくせば、賃金は上がりやすくなる。というのも、先の心配をしないで大盤振る舞いできるようになるためだ。

   現在、政府は企業に積極的な賃上げを呼び掛けているが、実現は一部企業にとどまっている。筆者の知る限り、本音では賃上げの余地はあるのだが、一度賃上げしてしまうと見直しが難しくリストラも困難なため、なるべく賃金を抑制しておくという企業が少なくない。

   「従業員の人生設計」という、本来は政府が見るべき負担を企業から取り払ってやることで、アベノミクスに不可欠な賃上げという歯車が回り始めるきっかけになるかもしれない。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中