2018年 10月 22日 (月)

「ブラックバイト」は許さんで! 「西日本初」学生バイト労組、結成準備中

印刷

   西日本で初めてのアルバイト大学生自らがつくる労働組合、「関西学生アルバイトユニオン」が2015年2月までに発足する。毎日新聞(ネット版)が1月6日、報じた。関西大学や京都大学、同志社大学などの学生約10人が結成に向けて準備している。月額数百円の組合費で、組合員を募る。学習会などをしつつ、学生の労働相談に応じる。

   長時間労働や突然の解雇されるケースは多く、「ブラックバイト」と呼ばれて社会問題化している。「契約書がない」「最低賃金以下の時給」などのケースもあるという。

   学者らの「ブラック企業対策プロジェクト」の調査で、学生バイトの平均労働時間は週15.5時間、うち3割が20時間以上だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中