リケジョ「オーラ」全開! 全身から「研究が好きです」

印刷

   前回は、怪しいリケダンの話を書いたが、わたしの知り合いの数少ない女性研究者は・・・、まあ、それなりに個性的かもしれない。

   高校生の頃に米国に留学して、向こうの大学を出て研究者になって結婚して、なぜか、結婚相手は生粋の日本人らしい。その後、旦那と子供を米国においたままユーターンして日本で研究者生活を送っている方。定年後は永住権を持つ米国に戻るらしいが、日本にも非常勤の職を確保できているらしい。

12時間ぐらい大学に滞在

好きです!研究!!
好きです!研究!!

   また、知り合いというわけではないし私が学生時代の話だが、教授(当時、50代半ば)ぐらいの赴任先に、ずっと一緒に付いて回っている独身のリケジョの助手(当時、40代半ばぐらいに見えた)。教授は妻帯者だしなぁ~。この、リケジョ、ほぼ教授と同じ時間帯に大学に居て、通勤も一緒のことが多かった。まあ、無責任な学生のこと、学生の間ではあらぬ噂を流されていた。学生の面倒みもよく、研究にも熱心で評判もよかったけどね。

   さて、少し前になるが、新任の先生を迎えることになった。まあ、私の学部では珍しくリケジョ。そうそう、現在、女性は大学の理系学部の就職に有利かもしれない。前に「公募」で先生を採用すると書いたが、但し書きに「女性の応募を歓迎する」というような一文がよく添えられている。要は、大学の理系に女性の採用を増やさないといけないというプレッシャーがかかっているわけね。

   さて、その助教で採用された30歳そこそこのリケジョ。同僚の先生いわく、

「あれこその研究者の鏡!!」

   普段着が白衣という方だが、まあ、白衣とは名ばかりの色とりどり。朝から、髪の毛はボサボサで身だしなみに気を使うわけでもなし、居室も散らかしっぱなし。朝10時前後に現れて夜10時前後に帰っていく、12時間ぐらい大学に滞在しているわけね。全身から「研究が好きです」という雰囲気を醸しだされている。確かに、性別を超えた典型的な「研究者」という方であった。

余計なお世話?

   余計なお世話だし皆様から非難されるかもしれないが、「まだ独身だし、大丈夫かしらん?」と思っていたが・・・どうやら、学生時代から相手が居たらしい。先方も大学の先生で元同級生。相手の方が留学先から帰ってきたのを機に、さっさと結婚なされた。で、何かが変わったかというと・・・大学で見る限り格好はさほど変わっていない。まあ、9時~9時に変わったぐらいかなぁ。

   この前あるパーティーに出かけた時に、突然、パーティードレスで正装した綺麗なご婦人に声をかけられた。

「どうも、こんにちは。」

   へっ、誰だこの人???こんな綺麗な人知り合いにいたっけ・・・。顔をじーっと見ると・・・あーーーーっ、これは例の色とりどり白衣の先生ではないかと!!という過程を、数秒で頭のなかでこなして。何もなかったように

「あっ、こんにちは。偶然ですねぇ~、先生もこのパーティーに呼ばれていたんですか?・・・」

   さすがは同級生の旦那様、見る目があるねぇ~。私なんて普段白髪交じりのボサボサ髪しか見てないもので・・・(プロフェッサーXYZ)

プロフェッサーXYZ(えっくすわいじぃー)

国立大学を卒業し大学院修了後、助手として勤務。現在は東日本の私立大学の教授であり、フラスコを持ったリケジョの研究指導をしたり、シュレディンガー方程式に頭を悩ませる男子学生の教育を行ったりしている。受験戦争世代と言われた時代から、バブル世代、ゆとり世代、そして、ゆとりは終わった?という現代まで様々な教育・研究現場を肌で体験している。大学教育のみならず初等~高等教育の現場とかかわりを持ち、日々「良い教育は?」の答えを模索し続けている。ちなみにカクテル好きというわけではない、下戸である。また、「猫」も飼っていない。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中