2020年 10月 20日 (火)

信じてよいか、「本音は別」か 上司の9割「部下は自分より先に帰ってよい」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   年末年始の休暇に向けて業務量が増えているビジネスパーソンは多いだろう。そんな中何とか仕事を終えても、上司が残って仕事していて帰りづらい・・・という人もいるのでは。

   部下がそう考えてしまう一方で、上司の9割は「仕事ができていれば部下が早く帰っても問題ない」と考えているという調査結果が明らかになった。しかし「そうは言っても気遣うわ・・・」「本当にそうなの?」と、素直には喜べない人もいるようだ。

「早く帰っていいけどちゃんと仕事できていないのはNG」

いいって言われても気を遣っちゃう?
いいって言われても気を遣っちゃう?

   レンタルオフィスを提供するサーブコープジャパン(東京・新宿区)の調査結果によると、勤務態度に関する設問で、「部下がいつも定時に帰宅する」ことを気にするか、気にしないかというお題では、「気にする」が4.0%、「どちらかといえば気にする」が18.5%。「どちらかといえば気にしない」が35.8%、「気にしない」が41.8%だった。

   また、「部下がいつも自分より先に帰宅する。でも仕事はちゃんと出来ている」ことを、「気にする」が2.0%、「どちらかといえば気にする」が8.5%。「どちらかといえば気にしない」が32.0%、「気にしない」が57.5%で、実に約9割の管理職が「部下の退社時間は気にしない」と考えていることが明らかになった。

   調査は2014年10月31日から11月3日にかけて、40~50代の管理職400人を対象に、「押さえておきたい日本のビジネスマナーのポイント」についてのアンケート調査を実施。結果を12月3日に発表した。

   ただ、回答者のコメントを見ると、「仕事を終わらせて定時に帰るのはかまわないが、同僚に仕事を押し付けているようだったので注意したことがある」(55歳男性)「スケジュールを守れるなら問題ないが、守れないうちは指導する」(52歳男性)と、当然ながら仕事ぶりはきっちりチェックした上での回答ということもわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中