2019年 12月 10日 (火)

「年収1000万円」の不幸 「自分は高給取り」の勘違いが招く悲喜劇

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   男性の平均給与が、500万円台前半の昨今、その2倍を稼ぎ出す「年収1000万円」といえば、かなりの『勝ち組』というイメージがある。バリバリ働くエリートビジネスパーソンを想像する人もいるだろう。生活も、リッチに違いない、と。

   ところが、こうした印象と、実際の「年収1000万円」の生活には、相当なギャップがあるようだ。

イメージは「高級車を何台も所有」

「何台も持ってるよ」、かと思いきや・・・
「何台も持ってるよ」、かと思いきや・・・

   国税庁の民間給与実態統計調査(2013年)によると、男性の平均給与は 511万円。憧れの「1000万円超」は、わずか6.2%だ。こうした、一握りの高収入ビジネスパーソンに対する「憧れ」を、印象づける調査結果がある。

   マイナビスチューデントが、大学生の男女300人に対し、「年収1000万円の人ってどんな人?」と聞いて自由に答えてもらったところ、「医者や弁護士などいい職についている」(女性・21歳)や、「外資系」(女性・22歳)、「一部上場企業など、大手企業に勤めている」(女性・24歳)など、社会的ステータスと、高度な専門性をイメージする回答が目立った(「大学生に聞いた、憧れの『年収1000万円』ってどんなもの? 『牛丼屋には行かない』から『高級車を何台も所有』まで」マイナビスチューデント、2015年1月8日)。

   同調査では、「年収1000万円の生活ってどんなイメージ?」とも尋ねているが、女子学生からは、「高級車を何台も持っている」(22歳)、「高級な店の常連」(22歳)、「株や資産運用で稼ぎ、肉体労働とはかけ離れた生活」(24歳)、「牛丼屋に行かない」(22歳)など、かなりリッチな印象の回答が得られた。

   記事が他媒体にも配信されると、ツイッターでは、「現実は、そうでもないぞ」との意見が相次いだ。

   「車を何台も持つのは、1000万じゃ足りないと思うね。維持費が想像以上にかかる」、「実際は、ふだんあまり金を使う時間がない、飲み屋のグレードが少しアップ、年に数回の海外旅行くらい」という人もいれば、「都心にマンション買って、子供が2人いて両方とも私立中高、国立大行ったら、あとはちょいと貯金くらいや」など、リアルなつぶやきもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中