「海外で働きたくない」大学生の割合 カンボジア人と日本人、多かったのは・・・

印刷

   先日、カンボジア・プノンペンでHUGS社主催、絆セミナーに登壇させていただきました。同社は、日本企業の進出を後押しすることで、カンボジアに新たなビジネスを生み出そうと、活動しています。このイベントには、カンボジア最高学府の王立プノンペン大学をはじめとする大学生が集まり、彼ら数十人に講義をさせていただきました。

   とはいえ、私から彼らに伝えられることは限られています。そこで、彼らと対話形式のディスカッションを行うことにしました。

国をしょって立つ気概がある

カンボジア人大学生へのセミナー、こんな感じで喋りました。
カンボジア人大学生へのセミナー、こんな感じで喋りました。

   「日本の大学生とカンボジアの大学生」というタイトルで、

1:私が日本の大学生にとったアンケート結果とその背景を解説
2:同じ質問をカンボジアの大学生にアンケート

という流れです。

    様々な質問をしたのですが、このコラムで発表すべきなのはやはり「あなたは卒業後、海外で働きたいですか?」でしょう。

   日本の大学生は「はい-17%、自分が希望する国なら-32%、いいえ-51%」と、過半数が海外で働きたくないという結果でした。

   カンボジアの大学生はどうでしょう?

「はい-27%、いいえ-73%」

意外と、海外で働きたくないという人が多かったです。

   そして海外で働きたいという人に話を聞いてみると

・海外で経験を積みたい。日本の様な先進国で経済を知りたい
・海外で経験を積んで、それを持ち帰り、自分たちの国を発展させたい
・いろんな仕事が有り、給料も高い。そのお金で家族をサポートできる

と、自分、国、家族のためと色々な意見がありました。

   カンボジアでは大学進学率は2%。さらにその中のトップ校であるエリートは、やはり自分の国をしょって立つ気概がありました。

   そして、海外に永住したいっていう人はひとりもいませんでした。みんな、カンボジアLOVE。海外で稼いで、自国・家族に還元したいという人ばかりです。

「この国には何もない。だから自分が創るのだ」

   ちなみに、どんな仕事に就きたいですか?という質問に対しては、

会社 38%、公務員 27%、起業 35%

   日本ではたったの1%である「起業」という選択肢がこちらでは3割を超えています。

   なぜですか?と聞いてみたところ「この国には何もない。だから自分が創るのだ」という力強い意見がでてきました。

   30年以上前の大虐殺で、国としての機能がほとんど失われた国カンボジア。この「虐殺を知らない子供たち」が新しい国を作ってくれることを切に祈っています。(森山たつを)


   森山さんと、HUGS社長黒川さんによる学生限定のイベントが、(2015年)2月16日(月)に東京で行われます。カンボジアの現在と未来、そして日本の学生の未来をお伝えします。アジア・カンボジアに興味のある方、トビタテ!留学ジャパンプログラムで国からの奨学金をもらっての海外インターンに興味のある方、ぜひお越しください。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中