温和に見えて「根暗に強権」 そんな経営者とは真逆な「愛ある叱責」タイプ

印刷

   随分前の話になります。地域展開していた中小スーパー倒産のニュースがありました。古くから地場に根ざした老舗が、大手大型店の出店攻勢に敗れ倒産したのだろうと勝手に思っていました。ところがその後人づてに聞いた話によると、どうやら倒産の原因は経営者の強引なやり方に対する社員の反発だったのだとか。

   私が耳にした事の顛末はこうです。従業員に対して、正社員に残業をつけさせないのは当然で、売上ノルマを達成しない売場のパート店員も同様。正社員の休みは定休日以外なし。生鮮品管理もいい加減で、加工日や消費期限の日付改ざんはあたり前。方針に従わない社員は、昇給、賞与査定で減俸対象となるなど、聞く限りにおいては完全に法令違反の職場であったようです。結局噂が噂を呼んで、客離れ、社員離れ、商品の質低下の悪循環が店の活気を失わせ、倒産に追い込まれたのだそうです。

「売る気ないなら辞めてよし!」

その叱責、陰険?愛を感じる?
その叱責、陰険?愛を感じる?

   私がそんな裏話があるなどと全く思わなかったのは、私もお目にかかったことのある同スーパーの社長がおよそ穏やかな方で、社員に対して悪の強権を発動するようなイメージがなかったからなのです。しかし実態は、表だって動くタイプではなかったものの根暗に側近を通じてあれこれ指示をしていたようでした。

   そうかと思うと、こんなパターンもあります。

   銀行時代の取引先B社のF社長。チェーンの物販をフランチャイジーとして数店舗展開。彼はとにかく行動派で荒っぽい。私が訪問した際にも必ずと言っていいほど、店長ほか幹部社員ばかりでなく、時には一般社員も呼びつけて厳しく叱責していました。

「今の調子で店舗の売上目標が達成できるのか!気の抜けた店長はいらんぞ!」
「関連商品が散らばっていて、ディズプレイがなっていない!アタマを使えアタマを!」
「プライスカードの表示方法が顧客に向いていない!売る気ないなら辞めてよし!」

   ある者は殴られんばかりの勢いで怒鳴られ、またある者は罵声と共に提出資料を床に投げつけられる。叱責された者は、ただただうつむいてうなずくばかり。たいてい皆、嵐が過ぎ去ると肩を落として社長室を後にします。まさしくスパルタ経営と言っていいような光景が毎度繰り広げられていました。

部長からは「ご心配にはおよびません」と言われたが・・・

   「ブラック企業」という言葉が世に出始めた頃、私は真っ先にB社のそんな光景が頭に浮かび少し心配になりました。同社の社長が不在のある日、部長に会いに会社を訪問して尋ねてみました。

「社長が厳しすぎて社員が萎縮していませんか。管理者の精神面は大丈夫ですか」
「内部告発や辞めた人間から変な噂が出されたりしていませんか」
「社員の定着率は下がってませんか。休職者は増えてませんか」

   部長の答えはいずれもノーでした。「ご心配にはおよびません。うちは大丈夫です。問題ありません」。部長の判で押したような対応に、取引銀行に対するカムフラージュではないのか、社長が怖くてごまかしているのではないか、とかえって不安になりました。

   そんなある時に地元商工会主催の起業希望者向けセミナーでF社長が登壇され、それまで聞いたことのない社長の起業に至る経験談を聞く機会を得ました。

   親戚の会社で社会人をスタートし、独立したい一心で何をやろうかと様々な業種を研究。人づてに、利益率が高く人々に余暇の楽しみを与える未来型レジャー産業として大手傘下のパチンコホール経営を勧められた時に、ビジネスの自我に目覚めたと。

「お客さまも社員も決して使い捨てにしない気持ちが大切だと思う」

「パチンコ屋さんを否定するわけではありませんが、自分で直接足を運んでこの目で確かめた時に、喜んで帰って行く人と、肩を落としたり怒った顔をしたりして帰っていく人がいる。自分のビジネスは、誰かの悲しみや苦しみや怒りと共存するのは嫌だなと、その時思いました。お客さまにも、社員にも、喜びと希望を与えることを第一に考えるビジネスでありたいと。例えフランチャイジーでもそれができると思い、今の会社を立ち上げたのです」

   そしてこう続けました。

「私は社員を時に厳しく指導します。それはお客様を思えばであり、社員本人の将来を思えばであります。でも言った分のフォローも忘れません。お客様にも、社員にも愛情をもって接する自信がない人は起業しない方がいいかもしれません。言い換えれば、ビジネスは、お客さまも社員も決して使い捨てにしない気持ちが大切だと思うのです」

   F社長の話を聞いて、総務部長の話はウソ偽りのない話本当の話だったのだと確信しました。社長の言動に対して、厳しい面ばかりを先入観を持って見ていた私の誤りだったのです。見かけは穏やかでも、気持ちはお客様にも社員にも冷たい先のスーパー経営者とは真逆だったわけです。

   大切なことは行動よりも気持ち。ブラックとホワイトの分かれ道は、やはり経営者の気持ちがすべてなのだと、その時強く実感しました。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中