2020年 9月 18日 (金)

新聞記者女子に話を聞いた 「燃え尽き症候群」や「いつか見返してやる!」派

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   仕事柄、取材先で「新聞記者」の女子と出会う機会があります。彼女たちの多くに共通しているのは、とにかく「タフ」で、女子力と行動力を兼ね備えた「ちゃきちゃき」タイプであること。同じ年代ながら、「本当に優秀だなぁ」と、感服することもしばしばです。今回は、そんな「新聞記者女子」たちに聞いた、働き方の実態をレポートします。

新卒記者の3~4割を女性が占める新聞社も

この新聞記事って・・・
この新聞記事って・・・

   「体力と根性には自信がある。面接でも、全然、緊張しませんでしたね」と語るのは、大手新聞社に入社が決まっている、T美さん(23)。ぱっちりした目が印象的な顔立ちです。小さい頃から、リーダーシップを取るのが好きだったという彼女。見るからに行動的で、愛想もよく、「ちゃきちゃきしている」印象です。テキパキと仕事をこなし、働きぶりがよさそう。彼女を採用したくなるのも、分かります。

   かつて、新聞記者といえば「男の仕事」というイメージでした。ところが、1986年に施行された「男女雇用機会均等」をきっかけに流れが変わり、今や、大手新聞社の新卒採用の「記者」のうち、女性が3~4割を占めるケースもあるようです。採用担当者からは、「最近の女子学生は優秀なので、男子には下駄を履かせて採用している」なんて声も聞かれます。

   もっとも、3~4割といっても近年の傾向で、全体では、記者に占める女性比率は、日本新聞協会のデータによると、2014年の時点で16.3%。2001年の10.6%からは増えているものの、まだまだ2割にも届いていません(「新聞・通信社従業員数と記者数の推移」)。入社してから、出産などのライフイベントとの両立に悩み、辞めてしまう女性もいるのでしょう。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中