2018年 12月 17日 (月)

社員家族の介護費用を負担 ゴールドマン・サックス日本法人

印刷

   米投資銀行ゴールドマン・サックスの日本法人は、約1200人の全社員を対象に介護支援の制度を導入した。2015年1月から実施している。ニチイ学館と契約して、社員の家族1人あたり年間100時間分の介護サービス利用料を会社が全額負担する。

   介護の対象は、社員の両親や義父母で人数の制限はない。ニチイ学館のサービスを使い、遠方に住む親の介護にも対応する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中