人間の「器」は大きくできる 今からでも遅くない「65の工夫」

印刷

   『器の大きい人、器の小さい人』(中谷彰宏、ぱる出版)。2015年2月5日発売。1300円(税別)。著者は、大人気シリーズ『面接の達人』などで知られる。「中谷塾」を主宰し、全国でセミナー活動などを行っている。出版社サイトによると、

「器の大きい人は、カッコいい。器の大きい人は、慕われる。器の大きい人には、人が集まってくる。(略)本書は、器の大きい人の振る舞いがわかる65のシチュエーションを紹介する」

   サブタイトルには、「その境界線は、咄嗟のときに『気の利いたひと言』が言えること」とある。著者が教える「器を大きくする65の工夫」とは。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『器の大きい人、器の小さい人』
『器の大きい人、器の小さい人』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中