2022年 6月 28日 (火)

「『21世紀の資本』読んだ?」は揶揄の対象? あなたの職場の「ピケティ浸透度」を問う

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「半年たったら、ブックオフで買うか・・・」

   一方、「ピケティの話で盛り上がる意識高い職場???」と、ビジネスパーソンたちの「ピケティブーム」を、揶揄するかのようなつぶやきもある。「職場のひとが、ピケティの例の本をやたら勧めてくるのだけれど、5000円出すなら今はマッサージ行きたい」という人もいた。

   『21世紀の資本』は、税込5940円と、決して安くない。「自分には手が届かないし、内容も難しそう」と、ブームを冷めた目で見ているビジネスパーソンも、少なくないのかもしれない。

   「ビッグウェーブに乗るつもりなら、読んだほうがいいのかもしれないピケティ本、あと半年もすればブックオフにたくさん並びそうな気がするので、その時まで待つか・・・」という人もいた。読みこなしてウンチクを語り、職場で一目置かれるか、それとも、ブームを静観するか。過熱する「ピケティブーム」を前に、態度を決めかねている人も、結構いるのかもしれない。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中