高校生よ、これが「バブル景気並」だ 内定率が9割近くに

印刷

   2015年3月の卒業予定で就職を希望している高校生の就職内定率(14年12月末時点)は、前年同期と比べて3.5ポイント高い88.8%だった。文部科学省が2月16日、発表した。5年連続の上昇で、2008年のリーマン・ショック前を上回り、バブル景気時の1988年(89.8%)並みの水準となった。

   全国の高校を3月に卒業予定で、就職を希望する生徒約19万1000人を対象に調査した。このうち、14年12月末までに約17万人が内定を得た。内定率は男子が90.7%(前年同期比2.7ポイント増)、女子が85.9%(同4.4ポイント増)だった。

   47都道府県すべてで前年と比べて内定率が上昇していて、富山県(96.9%)や石川県(95.5%)、岩手県(95.3%)などが高かった。一方、沖縄県(63.2%)が全国で唯一80%を下回ったほか、大阪府(81.3%)や神奈川県(82.5%)、東京都(83.3%)などが低かった。

   文科省は「景気回復に加えて、団塊の世代の退職が続いているため、企業の採用が増えている」と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中