かわいい動物「異色」の共演 思わず頬が緩む「最強」動画

印刷

   フェイスブックやツイッターをやっていて、ついついクリックしてしまうのが「動物」の動画。似たような動画なら前にも見たことがあるよ、そう思っていても観てしまう。

   そんなネット上に溢れかえっている動物の動画だが、ついに筆者にとって「史上最もかわいい動画」を見つけてしまったかもしれない。グーグルがモバイル向けOS「Android」のイメージ作りのために制作したもので、公開からたった5日間(2015年2月9日時点)で540万再生を超えていた。

仲のいい「兄弟」みたい

仲間に入れてほしい・・・
仲間に入れてほしい・・・

   YouTubeで公開されているこちらの動画。「Friends Furever」というタイトルでは、「Forever(永遠)」と「Fur(動物をあらわす毛皮)」という言葉が掛けられており、これまであまり共演したことのない動物同士が、一緒に過ごす様子が映し出されている。

   白い子ネコと3羽のひよこは身を寄せ合い、おたがいのふわふわした毛の気持ちよさに、目はうっとり。仔ライオンとブルドッグは取っくみ合いをしてじゃれる。小ゾウとヒツジは、それぞれハナと前足で土に穴を掘り、イルカと犬は海で一緒に泳ぐ。ニンゲンもまぜてほしくなるぐらい、みんな楽しそうだ。

   おどろく場面も。犬のラブラドールと小ゾウは、それこそ普段出会うことがほとんどなさそうだが、打ち解けたのか犬がゾウの頭の上によじ登り、そのまま海にダイブ。芝生で休むときには、犬はゾウの前足に乗ってくつろぐ。ゾウもリラックスしているような表情だ。

   さらに、オウムと犬はかしこい連携プレー。パスタを作っている途中のキッチンの台にオウムが止まり、麺を一本つまみ食い。かと思いきや、くちばしでつかんだ麺を下にいる犬におすそわけ。仲のいい「兄弟」みたいだ。

   ほかにも、子鹿が犬の毛づくろいをしたり、ソファーで寝ている仔ライオンの背中でミーアキャットがくつろいだり・・・「食うか食われるか」どころか、まるで同じ種類のようにたわむれることができるとは思わなかった。

   動画の終盤には、「Be together. Not the Same(一緒にいよう。同じじゃないけど)」というAndroidのメッセージも。いろんなひと同士、Androidが入ったデバイスでつながっていようという思いが込められている。

   最後に登場するオランウータンのオチも笑える。あなたも一見の価値あり、です。(岡徳之

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中