2020年 9月 19日 (土)

オフィスで「つま先立ち歩き」する同僚 バレリーナ?いえ、実は・・・

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   誰でも、仕事で失敗したり、悩んだりすることはある。そんなとき、どうすれば気分転換ができるのか。ネットには、様々な情報が溢れているが、「たっぷり休養を取る」とか、「泣ける映画を見て、思いっきり涙を流す」など、すぐには実行できないものも多い。

   今すぐに、落ち込んだ気分を回復させるには、どうすればよいのか。斬新な方法が『発見』されたようだ。

「ジャンピング・ジャックを20回」

気分が落ち込んだ時は・・・
気分が落ち込んだ時は・・・

   心が沈んでいるときには、体を『物理的に上へ持っていく』のがよい、というのは、ライフハッカー日本版のコラム、「落ち込んでいるときに効果的な身体の動かし方」(2015年1月31日)だ。 記事では、職場で落ち込んだ時に、効果的な「動作」を、いくつか紹介。たとえば「つま先立ちで歩く」ことには、気分を上げる効果がある。憂鬱な時は、足を引きずって歩きがちだが、そんな時に「つま先立ち歩き」をすることで、沈んだ気持ちに立ち向かうことができるという。

   また、「ジャンピング・ジャックを数回行う」のも効果的だ。ジャンピング・ジャックとは、「気を付け」の姿勢からジャンプすると同時に、頭上で手を叩き、次のジャンプでは、また「気を付け」の姿勢に戻るというもの。ラジオ体操にも、似た動きがある。これを20回も繰り返せば、地面を離れ、上に上がると同時に気分も上昇。さらに、運動によって全身の血流が良くなり、気分を良くする脳内物質、「エンドルフィン」まで放出されるというから、やってみない手はない。

   記事では他にも、「胸を張る」「両腕を頭上に挙げる」などの動作を紹介しており、ネットでは早速、「なるほど」「試してみようっと」などの声が相次いだ。「確かに、身体を動かすと、気分が上向きになる気がする」と、賛同するつぶやきも目立つ。が、さすがに、「ジャンピング・ジャック20回」については、「ジャンピング・ジャックを20回! ・・・って、飛べるかいっ!! 『飛べない豚は、ただの豚だ』って言わないでください(T-T)」と、ノリツッコミをする、ぽっちゃり系(?)男性もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中