2020年 9月 21日 (月)

「飛行機に乗る出張?無理です」 「そう、じゃクビね」となるものですか?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   3月1日から解禁される「就活」を前に、不安をネットに吐露する学生は多い。今回は、「どうしても飛行機に乗りたくないが、それを言ったらクビになってしまうのか?」という学生からの、相談。あなたは、共感できるだろうか。それとも・・・

小学生の時、航空機事故の本を見つけて以来「恐怖症」に

飛行機、苦手なんですが・・・
飛行機、苦手なんですが・・・

   質問サイト、教えて!gooには、「就職してから出張を命じられたとき、飛行機に乗ることを拒否すると懲戒免職になると思いますか?」との投稿があった。質問者は学生。小学生のとき、「図書館で偶然、航空機事故について書かれた本を見かけ」、それを機に「航空機事故について多くの本を読んだ」という。その結果、「飛行機は恐ろしい乗り物だ。乗るべきではない」という結論に達した。飛行機に乗りたくないため、修学旅行にも行かなかったそうだ。それでも時々、飛行機事故の「悪夢」を見る。「そんな私は、飛行機恐怖症だと思っています」という質問者。できれば車にも乗りたくないそうだが、それを理由に、解雇されることはあるのか、知りたがっている。

   回答者からは、かなり厳しい意見が寄せられた。まず、「乗り物に乗らないポリシーをお持ちなら、採用面接の際に会社側に告知する必要がある」という意見。「隠したまま就職して、『実は飛行機やクルマに乗りたくありません』と『出張拒否・社用外出拒否』すれば、採用取り消しになる可能性がある」という人も。さらに、「そういう変わったポリシーをお持ちの方は、面接などで会社側に告知した段階で、不採用になると思うので(優秀で出張に行ってもらえる採用希望の学生は他にもいますから)、どっちにしろ、まともな会社には就職出来ないと思います」と、手厳しい。「解雇うんぬんより、そんな態度で『採用してもらえるか』心配しなさい」ということだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中