メディア掲載への道は「急がばまわれ」 まずは「再確認」したいコト

印刷

   「中小企業の隠れたニュースを世に出す」ために、多くの中小企業経営者とお話をさせていただいている。多くの中小企業は、「うちなんか、掲載されないよ」と言って、初めからあきらめムードが漂っている。しかし、メディアでは日々、中小企業ネタが報道され、その企業は技術・製品・サービスのPRにつながり、事業に少なからず好影響を与えている。

   だから、あきらめてはいけない。メディアが振り向くようなニュースを生み出せばいい。そのために大事なことは、もう一度、経営者のロマンや企業理念を再確認し、どのように社会貢献していくかを明確にしていくことである。メディアは社会に対して影響のあるニュース、新しさや珍しさのあるニュースを求めている。「急がばまわれ」である。

記者の「社長の夢は何ですか」質問に、どう答えるか

   記者は、よく「社長の夢は何ですか」と質問する。社長が「夢」をどのように受け取り、どのような答えを返してくるかによって、人間性もうかがい知れるという巧妙な質問だ。「技術・製品・サービスを多くの人に使ってもらうことで、豊かな生活に貢献したい。困っている人をなくしたい」と答える社長もいる。一方、「売り上げ100億円企業を目指す」と収益の拡大を口にする社長もいる。どちらも社長の夢であり、良い悪いはない。

   ただし、メディアの質問であることを考えると、社会貢献の答えがベストになる。記者にとって、株式を公開していない中小企業の売り上げは、ニュースバリューに乏しい。それよりも、「この会社は社会と向き合い、社会に貢献しようと努めている」という印象を与えた方が、記者も応援しようという気になるし、記事になる確率もアップする。もちろん、質問が「収益目標は」だったのなら話は別だが。

   これが、社員や取引先からの質問だったとしても、同じことが言える。社員には月次、年次の収益目標を設定、管理し、目標達成のために発破をかけるのが一般的だ。だからこそ、経営者のロマンや企業理念が大事になってくる。社員からみれば、毎度おなじみの目標発言には辟易している。でも、「自分の仕事が世の中の役に立っている。お客様を幸せにしている」と思えれば、モチベーションが変わってくるだろう。取引先についても、数字の話ばかりでなく、世の中を変えよう、良くしようとの理念の共有があれば、関係は強化されるに違いない。

重要なのはトップの広報意識とリーダーシップ

   経営者のロマンや企業理念の再確認には、もう一つ、「企業をよく知ってもらう」という意味合いがある。最近、得意分野の異なる経営コンサルティング会社2社のトップと話をする機会があり、両社とも「伝えるのは難しい」という悩みを抱えていた。経営コンサル会社の場合、モノの売買ではないので、信用・信頼が決め手になる。重要なのはコンサル実績の開示だが、コンサル先の企業名までは明かせないケースがほとんどなので、漠然とした説明になってしまう。そこで重要になるのが企業理念であり、何をコンサルできるのかの証明になる。企業をよく理解してもらううえで、企業理念の説明は欠かせない。

   さて、企業理念や社会貢献を明確化したら、いよいよニュースを生み出す作業である。社会に役立ち、他社にない新製品・新技術・新サービスを開発する。徹底した合理化によるコストダウン、環境問題対応、標準化による即納体制などの社内体制を構築する。他社とのアライアンス(提携)、M&A、地域貢献活動などもニュースになる。製品やサービスに限らず、社会性と他社にない特徴を追求していく。その際、重要なのはトップが広報意識を持ち、リーダーシップを発揮することだ。(管野吉信)

管野 吉信(かんの・よしのぶ)
1959年生まれ。日刊工業新聞社に記者、編集局デスク・部長として25年間勤務。経済産業省の中小企業政策審議会臨時委員などを務める。東証マザーズ上場のジャパン・デジタル・コンテンツ信託(JDC信託)の広報室長を経て、2012年に「中堅・中小企業の隠れたニュースを世に出す」を理念に、株式会社広報ブレーンを設立。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中