東京駅発「地方へ移住」 総務省が相談窓口

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   総務省は、都会から地方へ移住する人の情報提供・相談窓口として「全国移住促進センター(仮称)」をJR東京駅近くに開設する。2015年3月下旬から業務を始める予定で、地方移住や地方との交流に興味を持つ人や団体の相談を受け付ける。2月27日、発表した。

   場所は、越前屋ビル(中央区京橋)。就農情報などを管理する農林水産省や、「ハローワーク」を運営する厚生労働省とも連携する。センターでは、自治体によるセミナーなども開催される。

姉妹サイト