2019年 11月 20日 (水)

人を雇うって、こんなに大変なの? 「夢のカフェ経営」の死角

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   数年前から、「プチ起業」して、カフェや、趣味のお店を開く女性に注目が集まっています。子育てが一段落したのをきっかけに、自己資金で「小さなお店」を開く女性たちが、メディアに取り上げられているのも、よく目にします。

   が、『好きを仕事に』が叶って、仕事が上手くいけばいくほど陥る『ジレンマ』もあるようで・・・。

「夢」だった、ウィーン菓子のお店

大変なのよ・・・
大変なのよ・・・

   E子さん(47歳)は、首都圏近郊で、4年前から小さなカフェを運営しています。主婦として、3人の子育てに忙しくしていたE子さんにとって、カフェを開くことは「漠然とした夢」でした。もともとお菓子作りが大好きだった彼女は、学生時代にオーストリアへ旅行し、「ザッハトルテ」や「クグロフ」といった、当時はまだ日本でそれほど有名ではなかった「ウィーン菓子」に魅了されます。それらを手作りして、友人に振る舞ううち、ある人から「これは商品化できるレベルだね」と言われます。その一言がきっかけで、「ウィーン菓子を気軽に楽しめるカフェ」を開く夢が、固まっていったそうです。

   子育ても一段落したタイミングで、E子さんは、親戚から小さな土地を譲り受け、お店を開きました。始めは、お客さんもまばらでしたが、口コミで人気が広まり、開店2年目には、あるテレビ番組の取材が来るほどに。

   ところが、テレビの影響力は、思ったよりもすさまじかったのです。放送翌日から、お客さんが殺到。店の外には行列ができ、開店後2時間で、売り切れてしまう日が続きました。ゆっくり接客するヒマもありません。常連さんに、「今日は満員ですね、また来ます」とか、「もう売り切れですか・・・」と、寂しそうな顔をされるのは、辛いものがありました。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中