2020年 2月 21日 (金)

「彼女がいる男性社員を落とす方法」 ビジネスにも活かせる?K美の「略奪恋愛術」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

彼の「心の隙間」を埋め、いつの間にか特別な存在に・・・

   K美は言います。「彼女が提供できないことを私が提供すれば、彼の『心の隙間』を埋められる。どんなに美人で仕事ができる彼女にも、必ず不満はあるはず。それを全部共有するうち、気づいたら、彼女ができないことを私が提供できるようになっているんです。半年くらいかかりますけどね」。お、おそろしい子・・・!

   ある日、K美はTさんに「今度、◯◯の試合を見てみたいんです」と、メールしてみました。Tさんは、少し迷ったものの、「本命彼女はフットサルに興味がないし・・・K美は試合に行ったことがないなんて、可哀想だな。一度連れて行ってあげよう」と、チケットを2枚購入します。「男性は、女性が喜ぶ姿を見るのが好きなんですよ」と、K美。「わぁー嬉しい!」と、素直に喜びました。Tさんは当然、気を良くします。

   当日、2人で試合を観戦した後、Tさんは、本命彼女の自宅に立ち寄りました。借りていた資料を返すためです。助手席には、浮気相手のK美。「俺、もう帰るわ」と言うTさんに、本命彼女は、何かを察知したのか、「お茶でもしていけば?」と言ったそうです。慌てたTさんは、「いや、ちょっとまだ仕事が・・・」と、逃げるように本命彼女の自宅を去りました。その時点で、Tさんは「K美との時間」を選んだことになります。「勝った!」と、確信できた瞬間でした。相手をリサーチし、趣味の共有という「潜在的な欲求」を掘り起こす。本命彼女が提供できないものを提供する。『成功のコツは、相手のニーズを満たすこと』という、K美の戦略は、なんだか、ビジネスにも活かせそう・・・な気がするのは私だけでしょうか。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中