カンボジア人を魅了する スマホ特別プランに感心

印刷

   先日、カンボジア人にサムライカレーをWebでプロモーションするために、Webマーケティングに強いカンボジア人に話を聞いてきました。

「カンボジア人にとって、インターネット≒Facebookです。Facebookに一番力を入れるべきです」

   確かに、知り合いのカンボジア人も、お店のカンボジア人スタッフもいつもスマホでFacebookを見ています。なぜ、こんなFacebookばかり・・・とおもうのですが、それはスマホの料金プランに秘密がありました。

Facebookだけを無制限に利用できる

うまい使い方かも
うまい使い方かも

   カンボジアで、スマホのデータ通信(および通話)はプリペイド形式が主流です。

   事前にプリペイドカードを買い、それを端末にチャージし、その料金で通話したりデータ通信をしたりします。

   このデータ通信の料金が安いのは、以前お伝えしたとおり。値段がどんどん安くなっており、今では1か月間2GB通信出来て3ドルです。

   しかし、このような普通のインターネットアクセス以外にも料金プランがあります。それが「Facebook Unlimted」。

   このプラン、Facebookだけを無制限に利用できるプランです。そして、このプランの料金が「90日無制限2ドル」と「1日無制限5セント」です。

   通常のネット通信(月2GBまで)が1日あたり0.1ドルなのに対し、Facebook使い放題は1日あたり0.022ドル。1/4以下の値段です。さらに、1日使い放題5セント(6円)というのは、カンボジアの庶民にも普通に払える金額です。

「上手いなあ」と・・・

   この料金設定にFacebook社が絡んでいるかはわかりません。しかし、この料金プランがあるからこそ、カンボジアの人たちがFacebookばかり見ているのであろうということは想像が付きます。そして、この様なプランはタイやフィリピンにもあります。

   もしこの様なプランの策定に、Facebook社が絡んでいて通信会社と契約を結んだ上でつくっていたのだとしたら、上手いなあと思います。通信の面から自社で独占して、Internet = Facebookにしてしまうという逆転の発想はなかなか思いつく物ではありません。 そして、我々事業者は「スマホを持っているカンボジア人」にアクセスするために、必死でFacebookにコンテンツを提供したり、広告料金を払ったりしなくてはならない。完全にマーク・ザッカーバーグの手のひらの上で踊らされていることになります。

   とはいえ、カンボジア人従業員がサムライカレーのユニフォームを着て、楽しそうにFacebookに写真をアップしているのを見ると、まあ、それもいいかなと思ってしまいます。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中