3年後「業況よくなる」 そう答えた中小企業の割合は?

印刷

   従業員20人以上の中小企業の3年後の業況見通しについてたずねたところ、「よくなる」と回答した割合は46.8%にのぼり、「悪くなる」の17.7%を大きく上回った。日本政策金融公庫が2015年4月2日、公表した。一方、従業員20人未満の小企業だと、「よくなる」は4社に1社の割合(25.2%)で、「悪くなる」の38.6%を下回った。

   業種別にみると、中小企業、小企業ともに、製造業が非製造業に比べて「よくなる」と回答した割合が高くなっている。なかでも製造業のうち、「金属・機械」では、小企業でも「よくなる」と回答した企業の割合が35.3%にのぼり、「悪くなる」(26.5%)を上回った。

   3年後の業況を考えるうえで、どのような要素が大きな影響を与えるか聞いたところ(複数回答)、中小企業では「原材料価格の動向」が53.9%と最多。「高齢化、人口減少」が42.3%、「雇用情勢、人材確保」(42.1%)、「消費税率の引き上げ」(36.4%)、「為替の動向」(27.3%)などが続いた。

   また、小企業では「消費税率の引き上げ」が60.9%で最多。「原材料価格の動向」が50.8%、「人口減少、高齢化」が42.3%、「所在地周辺地域の景気」(33.9%)だった。

   調査は2014年12月中旬に実施。取引先2万2920社から聞き取り、1万1273社から回答を得た。

3年後、どうなっている?
3年後、どうなっている?
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中