新入社員を「お客様扱い」 そんな腰の引けた指導はやめましょう

印刷

   4月は新入社員が入ってくるシーズンです。

   公益財団法人日本生産性本部では新入社員意識調査・特徴とタイプを毎年3月に発表しています。今年(2015年)は「消せるボールペン型」になっています。

   以前もこのことに触れましたが毎年「〇〇型」と名付けて意味をひもづけているのは、個人的に何の意味があるのか疑問です。言われる方は偏見のレッテルを貼られるようなものです。

「消せるボールペン型」とは?

多少のことではへこたれない
多少のことではへこたれない

   「消せるボールペン型」が意味するところは、

「見かけはありきたりなボールペンだが、その機能は大きく異なっている。見かけだけで判断して、書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)を活用しなければもったいない。ただ注意も必要。不用意に熱を入れる(熱血指導する)と、色(個性)が消えてしまったり、使い勝手の良さから酷使しすぎると、インクが切れてしまったりする(離職してしまう)」

だそうです。

   要は見かけで判断しない、激務させないということですが、これはある意味、時代を反映しているなと感じました。さらに他の説明では、厳しく指導したり激務を課したりするとブラック企業と誤解され、離職の危険性があると述べられていました。

   こういうことを発信するから、変な誤解が生まれて何かあると些細なことでもブラック企業だ、と言われるようになるのではないかと思います。

   私が以前、若手社員研修を行った際にこんなシーンがありました。

   「会社で改善すべき点や問題点はあるか?」ということを参加者に投げかけてみました。

   すると一人が

「給料が入社時に提示された金額と違う」
「残業が多すぎる」

ということを発言したら、他の参加者も同じようなことを言いだしました。

   「うちの会社ブラック企業だよね?」と、会社の不満のオンパレードで他責の発言ばかりでした。ひと通り話を聞いたうえで「自分達がやるべきことをしっかりやっているのか?」ということを投げかけると、部屋が静まり返ってしまいました。

   社員から出た概要を経営者に報告したら、若手社員は自分のことは棚に上げて認識の相違や被害者意識があることが分かりました。

   挨拶をする、時間を守る、協力する、嘘をつかない、自分で考えて行動する、困難から逃げない

   挨拶をする、時間を守るといった基本的なことは、本来は家庭や学校でしっかりと教えることだと思いますが、できていない人が多いため、会社が肩代わりしてこういうことまで教育しなければならないような状況になっていることは否めないと思います。

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中