2018年 8月 18日 (土)

アメリカの課長、日本なみに長時間労働? リクルート「5か国マネジャー調査」

印刷

   日米の課長(マネジャー)の3割強が1日10時間以上働いていて、他の国より労働時間が長い傾向であることがわかった。リクルートホールディングスの人と組織に関する研究機関、リクルートワークス研究所が2015年4月9日、中国やタイ、インド、米国、日本のマネジャーとマネジメントに関する「5か国マネジャー調査」の結果を公表した。

   課長の1日あたりの労働時間について調べたところ、米国では7時間未満が4.7%、7時間以上8時間未満8.1%、8時間以上9時間未満36.3%、9時間以上10時間未満15.0%で、10時間以上は35.9%となった。

   日本では、7時間未満が4.2%、7時間以上8時間未満6.3%、8時間以上9時間未満34.8%、9時間以上10時間未満17.8%で、10時間以上は36.9%だった。

   一方、1日10時間以上働く課長はインドが13%、タイ11%、中国は4%と少なかった。

   また、課長の仕事割合では、インドやタイは組織運営、アメリカは部下のマネジメント、日本と中国はプレイヤーが多いことがわかった。

   課長の昇進年齢は、日本が38.6歳と最高で、中国が28.3歳で最も低かった。

課長、お疲れさまです
課長、お疲れさまです
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中