2018年 12月 17日 (月)

世界同時「賃上げ要求」 東京でも時給「1500円」をアピール

印刷

   ファストフード店などで働く労働者の賃金アップを求める世界的な取り組み「ファストフード世界同時アクション」が、東京・渋谷など24都道府県30都市で2015年4月15日、行われ、アルバイトの若者らが「時給1500円」の実現を訴えた。

   この取り組みは、米国のファストフード労働者らが2012年にストライキを実施したのがきっかけ。労働組合やNGOなどが支援し、最低賃金として15ドルを求めるキャンペーンになった。2014年に本格的に世界同時アクションを呼びかけ、36か国96都市に広がっている。

   東京・渋谷では、首都圏青年ユニオンなどからなる「ファストフード世界同時アクション」東京実行委員会がアピールを行い、参加者が「時給1500円、これが常識だ!」「働きすぎはもう終わり!」と声をあげていた。

   実行委員会によると、ファストフード店の時給は東京都心部でも950円から1000円前後で、フルタイムで働いても年収200万円に満たないという。

時給をアップ
時給をアップ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中