2019年 5月 21日 (火)

今年も発生「LINEで欠勤連絡」の新人 それも2日連続かいっ!

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   今や、コミュニケーションツールとして、若者を中心に欠かせないものとなった「LINE」。最近では、新入社員が、「欠勤・遅刻」などの連絡を、LINEで行うケースも珍しくないという。

   2015年も、新入社員を職場に迎えた4月以降、ツイッターでは早速、先輩らの「怒りの声」が、続々と投稿されている。

「会社に電話する」ってことを教えないと

きょう、休みます
きょう、休みます
「朝にLINE見たら、遅刻するっていうメッセージが新人くんから送られてきてるんだけど。会社に連絡してくれよ」、「遅刻欠勤連絡は『会社に電話する』ってことを教えないと、LINEでしようとする最近の新卒たち・・・」

というのは、まだ優しい(?)方で、

「新人が昨日、今日と2日間、風邪で休みますってLINEで連絡来たきり、音沙汰なし。休むのもいいし、辞めるなら辞めるでいいんだけど、連絡ぐらいしっかりしろや!」

と、頭にきている人や、

「社会人を甘くみたらだめだよ。新人さんよ。出勤2日目で朝礼の時間に来ない、会社に連絡もない、夕方連絡きたと思ったら体調悪くて寝てました、電源切れてました、連絡の手段はLINE・・・」

と、ため息混じりの人もいる。手段はなんであれ「連絡したから、いいじゃん」と考える新人も、中には、いるのだろう。

   J-CAST会社ウォッチの記事「『LINEで欠勤連絡』はアリですか?~」(2015年2月23日配信)で行ったウェブ投票の途中結果(4月11日時点、約1880票)をみると、8割と圧倒的多数が、「ナシ。メールもナシ。電話するべき(79.9%)」。次いで、「メールならOK(9.4%)」、「LINEでの欠勤連絡、アリでしょ(8.1%)」「その他(2.6%)」だった。やはり、欠勤の連絡手段は「電話派」が圧倒的だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中