希望部署と違い「モチベーション上がらない」 そんな新人に「喝!」の嵐

印刷

   新年度がスタートしてはや1か月近く。新社会人の中にはなかなか思い通りに仕事ができず、早速社会の荒波に揉まれている、と感じている人も少なくないだろう。

   新社会人にありがち?な不満が、「入る前に思ってた仕事と違う・・・」ではないだろうか。そんな悩みを抱える新社会人に、社会の先輩から喝が入っている。

「開発やりたかったのに技術営業・・・」

こんなはずじゃなかった...
こんなはずじゃなかった...

   Q&Aサイト「発言小町」に、今年度から新卒で社会人になったというユーザーからの質問が投稿されている(2015年4月3日)。

   相談者は「中堅私立大学」の大学院で工学を専攻し、修士課程を卒業。一部上場の大手メーカーに開発職を希望して入社したが、技術営業に配属されてしまったという。

「正直、開発がやりたくて今の会社を選んだので、ショックでモチベーションが上がりません。コミュニケーション能力も英語力もない自分がなぜ営業なのかとそんな事ばかり考えてます」

と嘆く相談者。

「『技術営業に配属されたら技術者としては終わりで開発には戻れない』と聞いた事があるのですが本当でしょうか?希望すれば、開発に行く事が出来る場合もあるのでしょうか?」

と、回答を求めている。

「会社は見ています。今は足元を固める努力を」と愛あるエールも

   回答欄には、

「希望部署への適任としてあなたより優秀な方がいたのでは?会社の指示に従えないなら退職すべき、頑張る気力があるなら、希望部署へ行けるよう入社後に能力をアピールすべきです」
「『好き』と『向いている』は比例しない事のケースが多いと思いますよ。新卒で社会人となったトピ主さんには受け入れ難い現実でしょうが、世の中ってそういうものです」
「大事なことは辞令が出た後の態度です。思い通りにいかないことで、気分が乗らない、やりたくないとかでグズグズしていることは大問題です。客観的に見れば、こいつ使えんな!開発職させないでよかった!と思うだけです。(中略)できる人間はどこに行っても、ベタでも何とかしようとします。気が乗らないではなく、やって結果を出し、自分が開発職にふさわしい社員だと認めさせることだと思います」

など、新社会人にはなかなか耳が痛そうな意見が並んでいる。

   一方、「技術系で仕事をしてもうじき30年」という先輩からはこんな温かいエールも寄せられた。

「すべての会社に当てはまると断言はできませんが、開発部隊で使いたいと思って採用した人材でも営業や製造に数年出すということはよくあります。投稿の内容から推測すると同期で開発に行った人も何人かいるのだと思われますが想像してみて下さい、彼/彼女らが今できる仕事は先輩達の手伝いです。すぐに自分の思ったとおりの開発ができるわけではありません。会社はしっかりと見ています。今は自分に力をつけるためにしっかりと足元を固める努力をしましょう」

   相談者のように、「やりたかったのと違う」仕事をすることになり、気が滅入ってしまっている新社会人は結構多いのでは。しかしここで腐るのではなく、とにかく与えられた仕事に真剣に取り組んでいれば、そのうちチャンスは回ってくる・・・かも?(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中