「就活出遅れ組」の無自覚 いま気付くべき注意点とは

印刷

   私が予備校の代々木ゼミナールに通っていたときのことです。

   古文でKという名物講師がいました。

   この方の口癖は、

「××を覚えなかったら願書を買うな」

でした。

   覚えられなければ、願書を買っても合格は無理だから、という意味です。

   そこで私も就活講演などで、

「××ができなかったら、リクルートスーツを買うな」

と話すようにしているのですが、この16卒採用においては、

「すみません、まだリクルートスーツも買いに行っていないのですが」

と言われることも。

   いや、あの、そういう意味じゃなく...。

   これくらい、就活出遅れ組が今年は特に目立ちます。

   そこで、今回のテーマは「就活出遅れ組」です。

出遅れ組の特徴は

まだ大丈夫っしょ
まだ大丈夫っしょ

   まずは、出遅れ組の特徴を見ていきます。


1:まだアルバイトを続けようとする

   学費・生活費のねん出で大変な学生が多いのは分かりますが、就活先行組は、就活に専念するため、すでにやめているか、せいぜい週1回ペースにまで落としています。

   その点、出遅れ組は、就活前と同じく、週2回以上のペースを落とそうとしません。


2:自分の好きな業界・企業の説明会だけに行こうとする

   出遅れている、という裏返しなのでしょうけど、志望業界・企業を最初から絞っていればうまく行く、と思い込んでいます。

   確かに、先行組はすでに絞り込みを始めている時期ですが、出遅れ組はまだ早すぎます。


3:予約で満席ならすぐあきらめる

   先行組でもそこそこいますが、出遅れ組は該当する学生がさらに増えてしまいます。


4:説明会に参加しても参加するだけ

   会社説明会に参加しても、単に聞いているだけです。

   先行組は、メモを取る、質問をする、聞き足りなければ終了後にも質問をする、など、自ら行動していきます。

   出遅れ組はこうした行動ができず、ひどい学生だと居眠りしだすことも。


5:先行組・難関大生にやたらとジェラシー

   その結果、やたらとSNSでのやりとりが極端に増えます。

   つぶやいたり、既読速レスにこだわったりするなら、就活のことをちゃんとやれと思いますが、そうではありません。

   締め切り間際になると、現実逃避から将棋FLASHと面白動画検索にはまる、どこぞのライターのごとく、きわめてよろしくない兆候です。


6:キャリアセンターに行かない

   「今頃、就活を始める?遅すぎない?」

と、怒られることを敬遠してか、キャリアセンター・就職課に相談に行かない。これも、出遅れ組の特徴です。

   先行組は、ガイダンスなどに出席したうえで、適宜相談もしていますし、求人情報などを取れることも理解しています。

   キャリアセンター・就職課に行かないと、出遅れはいつまでも取り戻せないのですが、出遅れ組はそれを理解していません。


7:適性検査対策がいい加減

   適性検査のうち、能力検査、特に文系学生は非言語分野(数学)をきちんと勉強していないと得点できません。

   出遅れを取り戻すためには、勉強しておく必要があるのですが、目先の対策などに追われて、着手しません。

   適性検査対策については、14回記事「『勝敗を分ける』就活本の選び方 SPI編『その対策では空回り』」(2014年12月15日配信)をどうぞ。


出遅れ組でも理屈ある話なら取り戻せる?

   出遅れ組のパターンとしては、以下のものが考えられます。

1:長期間の留学
2:資格・公務員試験からの転換
3:体育会系部活
4:それ以外

   このうち、1~3は、実はそれほどハンデではありません。

   1「長期間の留学」だと、就活時期変更以前から、企業からはかなりモテていました。難関大の国際系学部などでは、長期留学をした学生限定の学内説明会兼選考会を実施しています。

   そうした機会のない大学・学部であっても、長期留学の経験を話せば、就活の出遅れはそれほど気にされることはありません。

   2「資格・公務員試験からの転換」も、勉強してきたことを話せればそれで十分です。似たところでは、大学の勉強・ゼミ論文などに忙しかった、というものもあります。

   3「体育会系部活」も同じ。体育会系部活の話をしていればそれで十分です。

何もない出遅れ組がさらに自滅するパターンとは

   問題は4「それ以外」です。

   就活後ろ倒しの話を真に受けてのんびりしすぎた、もっと言えば、勉強していたわけでもなく、遊んでいた学生、これは実に危険です。

   そして、さらにドツボにはまるのが、1~3を無理にアピールする、あるいは、サークル活動などを盛って話す学生です。

   「盛る」ことがいかに無意味かは、19回記事「就活殺人事件のナゾを解け 『相棒』刑事が追い詰める『自己PR』のワナ」(2015年1月9日配信)をどうぞ。

   そちらでも書きましたが、経験のない(あるいは薄い)話を無理にしたところで、ウソがウソであることはすぐにわかってしまいます。

   そもそも、出遅れ組は、準備不足が採用担当者の目には明らかです。無理に盛ろうとしたところで、すぐバレますし、さらに自滅していくだけです。

出遅れ組が先行組に追いつくには?

   それでは、出遅れ組学生が就活を進めるうえでどうすればいいのでしょうか。


1:出遅れを素直に認める

   出遅れたことは素直に認めましょう。

   下手に取り繕おうとしても、ムダです。

   出遅れたことを素直に認めたうえで、できることは何か、考えてみてください。


2:好きな業界・企業志望優先か、ひとまず内定か、どっち?

   好きな業界・企業志望にこだわった場合、残酷なようですが、先行組に追いつくのはなかなか厳しいものがあります。

   そもそも、選考をすでに終えている、あるいは、エントリーを締め切っている企業も4月以降、日々増加している段階にあります。

   それでも、なお、好きな業界・企業にこだわるようであれば、就職留年も視野に入れなければなりません。

   もし、好きな業界・企業にこだわらないのであれば、まだ挽回するチャンスはあります。

   就職留年をしてでも志望業界・企業にこだわるのか、それとも、どこでもいいのでひとまず内定を取るのか、整理が必要です。


3:アルバイトをやめる

   続けるにしても、週1回・3時間程度がいいところでしょう。それか、すっぱりやめて就活に専念すべきです。


4:キャリアセンターに行く

   怒られたらどうしよう、なんて、言っている場合ではありません。遅れを取り戻すためにも、早く行ってください。


5:適性検査対策に着手する

   特にそこの私立文系学生。数学が苦手、などと言っている場合ではありません。対策をしないと、門前払いに引っかかるだけです。


6:手あたり次第、会社説明会に出る

   他の論客の同様の記事で、「インターンシップ参加を」とありましたが、4年生4~5月の段階でインターンシップ実施企業はベンチャー企業を除けば数えるほどしかありません。

   それよりも、会社説明会の方が圧倒的に多く、志望業界・企業かどうかに関係なく、参加していくことをお勧めします。


7:大学の勉強を整理して話せるようにする

   大学でどれだけ勉強したか、気にする企業が増えています。

   特に、「出遅れパターン4:それ以外」の学生は要チェック。

   出遅れたことを認めたうえで、それでも大学の勉強をちゃんと話せれば、見直される可能性が出てきます。


   8月の選考解禁まであと3か月。まだまだ紆余曲折がありそうです。出遅れ組も腐らず頑張ってください。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中