2020年 12月 3日 (木)

「本当は専業主婦になりたい」 「3人に1人」がそう感じている理由

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   若い女性の、専業主婦願望が高まっているといわれます。キャリア志向の女子大生でさえ、「結婚したら『一旦』家庭に入りたい」と考えているケースも、少なくないとか。

   ある調査によると、なんと、働く20~30代女性の4割以上が、「本当は専業主婦になりたい」と考えているそうです。

「バリバリとキャリアを積んでいきたい」派は43%

いいかも、専業主婦
いいかも、専業主婦

   ソニー生命保険株式会社(本社・東京)が、全国の20~69歳の女性1000人に対し、現在の生活や仕事に対して、どのように考えているか調査したところ、働く女性(499人)の33.4%、実に3人に1人が、「本当は専業主婦になりたい」と回答しました(方法はウェブアンケート、「女性の活躍に関する調査2015」、2015年3月26日公表)。

   一方で、仕事に関しては、「バリバリとキャリアを積んでいきたい」派が43.3%と、「そうは思わない」の合計(27.6%)を上回っています。「現在の生活に満足している」という働く女性も48.7%と、約半数で、「どちらともいえない」(21.8%)、「満足していない」(29.4%)を上回っています。全体としては「キャリアも積みたいし、今の生活には満足」という女性が多いようです。

   それなのに、「本当は専業主婦になりたい」と考える働く人が、3人に1人もいる。年代別でみると、専業主婦願望を持っている人の割合は、20代で41.8%、30代では43.3%と、どちらも4割を超え、他の年代より高くなっています。一体、なぜでしょうか。

   調査では、「管理職への打診があれば、受けてみたい」という働く女性は、20.4%にとどまっています。働く女性の4割以上がキャリア志向を持っているものの、管理職に就きたいと思っているのは、5人に1人なのですね。追い打ちを掛けるように、「女性が社会で働くには、不利な点が多い」という回答は76.8%に達し、働く女性たちが、会社員生活にあまり希望を持てていない様子も伺えます。

   個人的には、働く20~30代女性の4割以上が「専業主婦になりたい」というのも、さもありなんという気がします。なぜなら、キャリア志向の女性も、「専業主婦なんて絶対イヤ!」と考えているケースは、それほど多くないからです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中