何かめんどくさい その感覚、正しいです。9割方

印刷

   『めんどくさいことの9割は捨てていい』(松田元、中経出版)。2015年4月、発売。1300円(税別)。著者は、アズホールディングス株式会社代表取締役。著書に『時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術』がある。出版社サイトによると、

「人が何かを『めんどくさい』と思う感覚の9割は正しい。だからその9割は捨てていい。そして自分を成長させ高みへ導く鍵も、残り1割の『めんどくさい』にある。20社の創業者にして教育者の著者が語る成長の真理」

   いかに1割の「めんどくさい」と向き合うか。著者が示す方策とは。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『めんどくさいことの9割は捨てていい』
『めんどくさいことの9割は捨てていい』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中