2020年 9月 25日 (金)

カンボジアのはちゃめちゃ実態 「農業のあるシンガポール」への遠い道のり

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   カンボジアで経済について語る人の中に、(日本人、カンボジア人問わず)「カンボジアは『農業のあるシンガポールを目指している』という人が多いです。

   しかし、実際にカンボジアでビジネスをしていると、その道が果てしなく遠いということも実感としてわかります。

   なぜなら、カンボジアの政府関係者、国家公務員に、シンガポールの最大のよいところ「きちんと法律を守る」という概念がない、と感じることが多々あるからです。

   そして、先日、その究極ともいえる事件がおこりました。

ボクシング賭博をめぐる仰天発言

あれ?また検問?
あれ?また検問?

   「『パッキャオ金返せ』6億円訴訟さらに拡大へ」(東京スポーツ、2015年5月8日配信)。

   この記事のメインはラスベガスでの、ボクシング「メイウェザーvsパッキャオ戦」に関する賭博なのですが、おまけでカンボジアの話がでています。その話の内容が、概略、

   「カンボジアのフン・セン首相が政府関係者とこの試合の勝敗に関して5000ドル(約60万円)を賭けていたのだが、判定に納得がいかず『金は払わん』と公言している」というものなのです。

   まず、カンボジアでは国から公認されたカジノ以外での賭け事は違法です。それを、首相自らが犯しているのを平気で公言しています。

   さらに、どういうルールだったのかは知りませんが、「判定に不服」という理由だけで、当事者間で取り決めたルールも反故にするということを公言しているわけです。

   つまり、政府のトップに立つ首相自ら、国の法律も、当事者間の取り決めも無視すると公言してしまうような国なわけです。

   日本の首相がこんなことをしたら、大炎上し即刻退任になると思うのですが、カンボジアではこれが認められてしまってもおかしくない・・・と思ってしまうことが多々あります。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中