2020年 9月 19日 (土)

元気な高齢経営者が「うようよ」いる日本 「死ぬ気がしない」ほど元気だ、と圧倒される社員も

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   37年前、私が23歳で入社した時の社長が、今も社長です。私はもう60歳。社長はお元気で、まだまだ続投されるそうです――

   先日、80代半ばの、複数の経営トップが「続投方針」を示すニュースが続き、あらためて経営者の高齢化に注目が集まった。日本企業は、経営者の高齢化が進んでおり、他人事ではない会社員も少なくないようで、ツイッターでは様々な反応が飛び交った。

「私が1番先に辞めればいいが、そうもいかない」

元気だよなあ
元気だよなあ

   スズキの鈴木修・会長兼社長(85)は先日の会見で、今後5年間で経営陣の若返りを図りつつ、自身については「私が1番先に辞めればいいが、そうもいかない」と述べた。「85歳スズキ会長『5年後も現役』(略)」(朝日新聞電子版、2015年5月12日)などと報じられ、注目を集めた。鈴木氏は、1978年に社長に就任、2000年に社長を辞め会長に。08年からは社長に復帰し、会長と兼職している。37年前の1978年に、仮に23歳で入社した社員がいたとすると、今年は60歳になる計算だ。

   また15年5月12日には、カシオ計算機が、樫尾和雄社長(86歳)の27年ぶりの交代を発表した。6月26日付で、長男の和宏氏(49=報道時)が新社長に昇格し、和雄・現社長は会長に就く。とは言え、代表権のある会長で、ある意味、和雄・現社長の「続投宣言」と受け取る向きもあったようだ。

   スズキ会長の「まだまだ現役」発言がニュースになると、ツイッターでは、

「こういうおじいさんがのさばりまくるので、日本市場が停滞するのでしょうね・・・」

といった批判的な声も出た。一方で、

「唯一無二の人だからなぁ。アップルのジョブスみたいな存在」
「そんなわけないのはわかってるけど、修の仕事ぶり見てると死ぬ気がしない。若者でもヘトヘトになるくらい動き回ってるぞ 。静岡県内のイベントとかどこにでも現れてフットワーク軽すぎ!」
「なんだかんだで修ジイサンが復帰したら一気に業績アップしちゃうし、経営手腕は抜群だから後任が困っちゃうわな。それにしても元気なジジイだ」

などと、いまだに衰えぬ同氏の意欲と手腕を賞賛する声も目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中