2019年 10月 16日 (水)

あえて「見た目は大切です!」宣言 知っておきたいビジネス上の「身だしなみ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   みなさん、はじめまして。本日より「好感度アップの服装術」をテーマにコラム連載を担当します篠原あかねです。ビジネスマナー講師として15年になります。この間、新入社員から経営者まで多くの方々とお会いしてきました。

   年間3000人以上の方々とお会いする中で、「この人はこれから伸びる人だ」「さすが!仕事で成功しているだけある」と思える方は、やはり最初にお会いした時の第一印象がとても良いのです。さわやかな笑顔、挨拶、そして服装。きちんとTPOに合わせた服装でとても似合っています。

「人は見た目じゃない、中身だよ」?

第一印象、大切ですよ
第一印象、大切ですよ

   よく、「人は見た目じゃないよ、中身だよ」と言いますが、それは相手と話してみて初めてわかることですよね。例えば、皆さんの職場に突然、無精ひげを生やし、ボロボロの洋服を着て、プ~ンと鼻につく臭いを放ちながら、「私は数々の難しい事案を解決した優秀な弁護士です。何かお困りの事はありませんか?」と現れたらドン引きしませんか?私なら間違いなく、話も聞かずに追い返しますよ!

   これは極端な例ですが、このように私たちビジネスパーソンには「社会人だから、またはこういう職業の人だから当然、こういう服装でしょ!」という暗黙のルールがあるわけです。

   研修時に必ず私が話すのは、「おしゃれ」と「身だしなみ」の違いについてです。「おしゃれ」は自分のためにするもの。だから好きな服を着て、好きな髪型をすれば良い。しかし、「身だしなみ」は相手を不快にさせないためにするもの。社会人として売上金や給料という対価をいただく立場である以上、相手に不快な思いをさせないことが大切。だから、「おしゃれ」はプライベートタイムだけ。ビジネスでは「身だしなみ」を優先させなくてはいけません。

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中