男性クールビズに「ババシャツ」のススメ キムタクも真っ青(?)のすっきり効果

印刷

   日本にもすっかり定着したクールビズ。6月から9月は「スーパークールビズ」ということで、環境省から服装ガイドラインも出ていますね(参照はこちら=2015年5月15日発表資料の別紙2=)。

   そうは言っても会社毎にドレスコードを設けていることでしょうから、まずは社内ルールに従いましょう。ところで男性の皆さん、ワイシャツの下は何を着ていますか?素肌に直接ワイシャツ?それとも白のインナー?ノーネクタイの襟元からチラリと見える丸襟の白いインナー・・・。これ、かな~りオッサンくさい。かと言って、素肌にワイシャツで「格好いい!」なんて思えるのは斎藤工かキムタクぐらい?! 隣の上司がこの格好で、ワイシャツ越しに胸毛が見えた日には、「ちょっと勘弁」どころではない。

「汗ダラダラ」を避けるには

決め手は「色」。【スマートコミュニケーションズ提供】
決め手は「色」。【スマートコミュニケーションズ提供】

   というわけで、読者の皆さんもきっとインナーには気を遣っていることと思いますが、私、「これ、いいね!」というものを見つけました。男性用ベージュのアンダーウェアです。いわゆる「ババシャツ」というものですね。冬場の寒い時期に実家のお母ちゃんが着ていた、あの肌色の下着ですよ。子供心に「これだけは絶対大きくなっても着るまい」と思っていましたが(笑)。

   ババシャツ=肌色(うすだいだい色)なわけですが、なんと驚いたことに、「肌色」とは言わずに「スキンカラー」って言うそうです。すごいじゃありませんか、ネーミングひとつでこのイメージの違い。さて、この「スキンカラーのインナー」を着用すると、まず下着の線がワイシャツに映らない。汗をかいても透けない。当然ながら、V字襟だからワイシャツからチラリと見えるダサい線もない。やるな、スキンカラー。クールで格好いい!お値段も1枚1000円前後とお手頃です。

   外出が多い仕事の方は特に汗をかきますよね。暑い屋外から冷房の効いた屋内へ、そしてまた屋外へ。体の体温調整も大変ですから、やはりインナーの着用は健康面でも大切です。

   お客様と会う際に、汗が額からダラダラ、ワイシャツは肌に張り付いてベタベタ、ワキ汗たっぷりで挨拶されても、相手には「不潔・だらしない」と映ってしまいます。暑いのはお互い様ですが、少しでも好印象を与えるようインナーにも気を遣いましょう。約束の時間よりも早めに到着したら、制汗スプレーや汗拭きシートでさっぱりして身だしなみを再度チェック。この季節は、綿のハンカチの他に汗拭き用タオル地のハンカチも携行していると安心ですよ。しっかりと汗をコントロールしちゃいましょう。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中