2019年 5月 22日 (水)

「伝わらないプレゼン」の「真犯人」 手法だけが問題なのではない

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   パワーポイントのプレゼンの弊害というのは、これまで何度も議論されています。先日も、ワシントン・ポスト記事を紹介した「『Power Pointを禁止すべき理由』をPower Pointで解説」(Gigazine、2015年5月28日)などの記事を見かけました。

   一連の記事によると、スイスのフェルミ国立加速器研究所では、研究結果の発表にパワポの使用を禁止し、黒板やホワイトボードを利用しているそうで、それによってフォーラム参加者との交流が促進されるなどの利点を挙げる研究者の声も紹介されていました。

   たしかに、学問では、研究発表の内容についての議論が発展することが大事ですから、目的にかなった方法だと言えましょう。

PREP法とSDS法

伝わってこないな・・・
伝わってこないな・・・

   一時期、スティーブ・ジョブスのプレゼンや、TEDなどのプレゼン方法が流行りました。極力、スライドの内容をシンプルにして、スピーチそのものに集中してもらうという意図です。聴衆の集中力を、プレゼンテーターに集めるための工夫と言えましょう。

   プレゼンにはいろいろな流儀や方法がありますが、結局、使い分けが大事です。批判を受けるようなミスマッチは、プレゼンの目的と方法論にギャップがあることによっておきています。

   プレゼンの構成の代表的な型は2つあります。PREP法と、SDS法です。

   PREP法というのは、P(point:結論) R(reason:理由) E(example:具体例)という頭文字です。

   まず結論を述べ、それに至った理由をあげて、その理由を補強するデータなどの具体例をあげ、最後にもう一度結論で締めくくります。

   論文や白書や報告書は、この形態です。

   ですから、プレゼンでも、短時間に完結に結論を知ってもらって、あとは報告書を読んでほしいといった形の会議や報告会に向いています。時間がないエグゼクティブの会議でもこのようにするべきです。

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中