2020年 9月 20日 (日)

「平均年収1000万円超」の会社の割合 ごく少数?意外と多い?

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   他人が、いくら「稼いでいるか」は、気になるものだ。このほど、東洋経済オンラインが公表した「上場企業版『平均年収が高い』500社」ランキングにも、大きな注目が集まっている。年収には「ボーナス」も含まれるため、夏のボーナスが支給されるこの時期ともあいまって、ネットでは様々な声が飛び交っている。

   ランキングは、東洋経済オンラインが、『会社四季報春号』に掲載している全上場企業約3500社のデータから、上位500社の平均年収を上から順にまとめたもの(2015年5月28日)。堂々の1位は、M&A仲介事業を手がける「M&Aキャピタルパートナーズ」だった。平均年収は、実に1947万円。同社の設立は「2005年10月」と若く、平均年齢は29.9歳。ツイッターでは、「平均年齢30以下で、平均年収2000万って凄すぎ!」と、驚いた人も結構いるようだ。

トップ10に目立つテレビ局と商社

年収アップじゃ~
年収アップじゃ~

   2位は、傘下にフジテレビジョンを持つ、純粋持ち株会社の「フジ・メディア・ホールディングス」(1506万円)。このような「純粋持ち株会社」は、グループ企業の管理をしている性質上、事業子会社に比べ、平均年収が高くなる傾向にある。そのため、ランキングでは、主要な事業子会社が有価証券報告書を提出している場合、その事業子会社のデータを採用している。

   3位は「TBSホールディングス」で1499万円。4位以下は、「朝日放送」(1479万円)、「日本テレビホールディングス」(1454万円)、「キーエンス」(1440万円)、「日本M&Aセンター」(1412万円)、「テレビ朝日ホールディングス」(1395万円)、「伊藤忠商事」(1384万円)、「三菱商事」(1355万円)などと続く。ランキング上位の顔ぶれを眺めた人たちからは、「テレビ局と商社つえぇ~!」とか、「テレビ関係が独占してるなぁ・・・」などのつぶやきが、多くみられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中