2019年 11月 23日 (土)

共働きで時々「家事代行」利用 これって「セレブ気取り」なのでしょうか?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   共働き家庭や幼い子供、要介護者と暮らす家庭にとって、「家事代行サービス」は強い味方だ。利用者は年々増えていて、野村総合研究所の試算では、2011年時点で約290億円の市場が、今後1720億円まで膨らむとされている(NRIパブリックマネジメントレビュー vol・125より)。

   一方、「お金持ちが頼むもの」というイメージも根強く、反感を買ってしまう利用者もいまだにいるようだ。

「楽を覚えるとダメだ」と説教

家事代行は甘えなの?
家事代行は甘えなの?

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「家事代行ってそんなに批判されるものでしょうか?」という質問が投稿されている(15年6月6日)。

   質問者の家庭は共働きで、障害を持つ子どもが1人。月2回、家事代行を利用しているという。

   子どもと密接に関われ、自分のリフレッシュにもなるということで重宝しているが、職場でぽろっと家事代行について話したところ「楽を覚えるとダメだとか、経済観念がおかしい、主婦ならみんな当たり前なのに、家や寝室に他人を入れるなんて・・・という感じの言われようでした」。

   さらにその場にやって来た夫に、「奥さん甘やかしたらダメよ」と説教する人もいたという。「家事代行ってそんなにダメなんでしょうか?」と意見を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中