「就活後ろ倒し」余波 インターンどころじゃない企業も

印刷

   大学生の就職活動のスケジュールを後ろ倒しにした「弊害」が企業側にも表れているようだ。大学3年生や大学院生を対象に通常8月に開くインターンシップを延期したり中止したりする企業が相次いでいる。2015年6月28日、日本経済新聞が報じた。16年春入社の学生の選考時期が8月にずれ込んだことで、大学4年生らの選考と大学3年生のインターンシップのスケジュールが重なり、企業の採用担当の手が回らなくなっているためとみられる。

   インターンシップは、学生が一定期間に企業などで研修生として働き、就業を体験することで、学生がより自分にあった職業や企業を選ぶのに役立つとされ、これまでは学生が参加しやすい夏休み(8月)に開く企業が多かった。

   富士ゼロックスやNEC、NTTデータ、ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ」などが開催スケジュールを秋以降に変更したり、変更を検討していたりする。また、一部では参加人数も減らすという。

いろいろ重なって・・・
いろいろ重なって・・・
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中