朝早く出勤、早めに帰宅 国家公務員対象に「ゆう活」

印刷

   効率的に仕事をして残業を減らしてもらおうと、日本版サマータイムといえる朝型勤務の「ゆう活」が2015年7月1日から、全国の国家公務員を対象にはじまった。朝早く出勤して、その分早く帰宅するなどで夕方の時間を有効に使ってもらおうという試み。たとえば、これまで9時30分から18時30分まで働いていた人は、7時30分に出社して16時30分には帰る。出勤時間が最大2時間前倒しになる。

   朝型勤務は、窓口業務などで勤務時間が変えられない職員を除く、全国約22万人の国家公務員が対象。原則残業はせずに、17時すぎには帰宅することになっている。

   実施期間は、8月末までの2か月間。政府は今後、民間企業に対しても導入を呼びかける予定。

夕方を有効に
夕方を有効に
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中