2018年 8月 16日 (木)

落ち込むイクメンを大ハッスルさせた 育休めぐるこんなアドバイス

印刷

   育休、イクメンという言葉自体は世に知られて久しいが、実際に自分の身の回りで育児休業を取った男性は知らない、という人も多いのでは。

   厚生労働省の2014年度雇用均等基本調査速報(2015年6月25日発表)によると、(配偶者が出産した)男性の育休取得率は2.30%。まだ50人に1人の割合となれば、明らかに少数派と言えるだろう。

「今は全然楽しくない」・・・育休の切ない現実

がんばりまちゅよ~
がんばりまちゅよ~

   そんな中、はてな匿名ダイアリーの「男性の育休なんてとらなければよかった」(6月10日)という題のエントリーが、同ダイアリーのコメント欄やツイッターを賑わせている。

   内容は、第1子の誕生に合わせて週2日出勤し、残りは自宅で育休を取った31歳男性の体験談。実際には、妻から家事の不手際を厳しく指摘されるばかりで全然楽しくない、仕事も不完全燃焼でフラストレーションばかり、と嘆いている。

   こんな本音をさらけ出したエントリーに、ツイッターなどネットでは、男女それぞれの意見で侃々諤々となった。「女性の場合、育児休暇『取らなければよかった』なんて言えるような選択肢、ないに等しいんだけど」と指摘する声や、「出産後半年は奥さんに逆らったり口答えをしてはいけません」といったアドバイスも寄せられている。

準備が大切、1回目は新入社員みたいなもの

   一方、育休で経験する育児・家事もまた、仕事と同様に学んでスキルを上げるものだという意見も多い。「産休育休期間中は、精神状態最低だったし、楽しいことはひとつもなかった。新入社員の頃と近いものがあった」「なんで『育休取らなければよかった』になるの?『生まれる前に予行演習をしておくべきだった』でしょ。準備不足で仕事失敗しても『就職しなければよかった』じゃないでしょ。明日はもっとうまくできるよ、がんばれ」「 1回目の育休は新入社員みたいなもんだからね。教育してもらってると思ったほうがいい 」

   同様に妻側からの、家事に不慣れな夫へのアプローチも、「性差関係なく、褒められもせず指摘ばかりされたら、やる気もなくなるのは当たり前の話」と、新人教育のように丁寧に、と指摘する声も。

   そして当然、苦心している投稿者夫婦に向けて「この苦労もいつかいい思い出になるよ。育休は楽しむためじゃなくて人間育てるために、および夫婦で産褥期を乗り切るためにとるものだと思うよ」と優しく励ます声も多く、投稿者もコメント欄での激励に「父ちゃんがんばるぞー!」と気持ちを新たにしていた。(KE)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中