米マイクロソフト、最大7800人削減 携帯事業中心にリストラ

印刷

   米マイクロソフト(MS)は、フィンランドの通信機器大手ノキアから2014年に買収した携帯端末事業部門を中心に最大7800人を削減すると、2015年7月8日に発表した。あわせて、のれん代など約76億ドル(約9200億円)を減損処理する。

   MSはノキアの携帯端末事業を72億ドルで買収したが、米グーグルの「アンドロイド」や米アップルの「iOS」に押されて苦戦。事業は赤字が続いており、スマートフォン市場での「ウィンドウズ」のシェアは約3%にとどまっていた。

   人員削減はMSの会計年度末である2016年6月末までに完了する計画。減損処理と人員削減に伴う費用は15年4~6月期決算で計上する。

7800人・・・
7800人・・・
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中