やっぱり「イケメンは得」だった 生涯賃金に差、その金額とは

印刷

   「イケメンは得だよな・・・」何かにつけて、こんな気持ちを抱いたことがある人は少なくないのでは。

   何となくひがみっぽく聞こえなくもないが、「イケメンは得」は、あながち間違いではないかもしれない。ある研究で、「器量のよい人は生涯賃金が高い」ことが分かったというのだ。

17%高くなる

イケメンじゃないと・・・
イケメンじゃないと・・・

   米テキサス大学のダニエル・ハマーメッシュ教授は、「ビューティープレミアム(美しさがもたらす所得の割増)」について約20年間研究した。

   研究では、人の顔について「ずばぬけて美しい」「美しい」「平均的」「どちらかというと不器量」「不器量」の5段階に分け、それぞれ5点、4点、3点、2点、1点と評点を設定。同校のロースクール生2500人の顔写真を約2700人に見せ、器量を評価してもらうという調査を行った。

   その結果、5点、4点と評価された男性の平均生涯賃金が、2点、1点の人に比べると17%高くなることがわかった。女性の場合は12%だった(研究成果は同氏の著書『Beauty Pays: Why Attractive People Are More Successful』にまとまっている)。

   この研究を受けて、大阪大学の大竹文雄教授が日本での大卒者の平均生涯所得(2億8000万円)に置き換えて試算。男性の場合、イケメンはそうでない人より4760万円も生涯所得が多いとしている(2013年6月11日放送・Eテレ『オイコノミア』にて紹介)。

整形しても限界が!?

   ハマーメッシュ教授の研究成果が「web R25」で紹介(2015年6月22日)されると、ネット上で話題に。

「稼げない理由、謎は全て解けた!!」
「やはりこの世は理不尽でできてるんだな 報われないな」
「生涯年収でもイケメンとブサイクの差がでるのか。酷い世の中だ」

など、嘆きの声が多く上がっている。

   「ならば美容にお金をかけよう!整形してでもイケメンになるぞ!」・・・と考える人もいるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。「東洋経済ONLINE」には、そんな期待を吹き飛ばすような記事が掲載されている。

   ハマーメッシュ教授の寄稿「『美しくなりたい』努力の『残酷』な費用対効」(15年4月24日掲載)によると、韓国の整形手術について研究した結果、多くの人にとって、整形して得られる利益は手術にかかる費用に遠く及ばないということが明らかになったという。

「物語の中なら(5段階評価で5がいちばん美しいとして)『3点』とか『1点』とかの人が美容整形で『5点』になれるかもしれないが、現実の世界ではなかなかそういうわけにはいかない。顔が根本的に非対称だと、他人の目にはなかなか美形には映らない。非対称な顔はとても治せない」

とバッサリ斬り捨てている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中