4000キロを超えた「逆ドッキリ」 彼女のプレゼントが「大変身」

印刷

   ソニーがアジア太平洋地域市場向けに2015年6月9日に公開したヘッドフォンのYouTube動画広告が、注目を集めた。

   この動画は、遠距離恋愛をしているシンガポール人の本物のカップルを起用したもの。ともにミュージシャンで、彼氏はオーストラリア、彼女はシンガポールに住み、およそ4000キロの距離を隔てている2人だ。

自分の声を吹き込んで

彼女がスタジオで目にしたものとは?
彼女がスタジオで目にしたものとは?

   動画は、2人がビデオチャットで会話するシーンから始まる。「会えなくて寂しいよ」という彼女の表情や、チャットの映像を過度に加工せずそのまま使用する演出などが、この企画のリアリティーを伝えている。

   離れていることはどうしようもできない。そこで彼女は、「知人の男性」からの提案で、以前彼氏と一緒に制作した楽曲に自分の声を吹き込んでレコーディングし、オーストラリアに贈ろうと考える。彼氏がいつでも自分の声を聞けるようにして、心の距離を埋めようとしたのかもしれない。

   そして彼女は、その知人の男性と協力して自分の声を吹き込んだ音源の制作にとりかかった。しかしこの男性は、実は彼氏の「グル」だった。彼女に楽曲のレコーディングを持ちかけたのは、実はオーストラリアにいる彼氏に頼まれたからだったのだ。

   彼女がこの「提案」に乗ってきたことを知った彼氏は、彼女がレコーディングした音源に自分の声をかぶせて吹き込んだ。先ほどの男性に協力してもらいながら、オーストラリアのスタジオで録音。こうしてこの企画は、彼氏が彼女に仕掛ける「逆ドッキリ」へと様相を変化させる。

同じスタジオで彼氏が演奏

   彼氏の声が吹き込まれたとは知らない彼女が、サウンドチェックのためにシンガポールのスタジオを訪れる。知人の男性が音源を再生すると、始めこそその仕上がりに満足した様子だが、次第に表情に変化が。曲の途中から、自分「以外」の声が入っていたからだ。

   その声が彼氏のものだと気づき、驚きながらも喜ぶ彼女の元に電話がかかってくる。発信元は彼氏。応答すると彼氏はギターを引きながら歌っているのだが、「音声が近い」感じがする。なんと同じスタジオで彼氏が演奏していたからだ。こうして逆ドッキリは最高潮に達した。

   この企画にYouTubeの視聴者からは、

「今までスキップしなかったYouTube広告の2つのうちの1つだ!」
「どこでこの曲をダウンロードできるの?すごくいい曲!」

など、反響を呼んでいる。

   この動画広告だけ切り出してソニーが公開した映像は、6月26日時点で52万再生を超えている。

(文:赤江龍介、編集協力:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中