眠気退治に「わさびゴックン」 泣けるほど涙ぐましい努力の数々

印刷

   「春眠暁を覚えず」とは言うが、日々忙しく働いている人々にとっては、「春どころじゃなくて年がら年中眠いよ!」というのが正直な気持ちでは。

   今(2015)年は梅雨が長いこともあって、最近低気圧の影響でずっと眠いという人も多いだろう。ネット上では、「私はこうして眠気と戦っています!」というユニークな方法が紹介されている。

ミント系タブレットやコーヒーでしのいでいるけれど・・・

いい眠気覚ましの方法を教えて~!
いい眠気覚ましの方法を教えて~!

   Q&Aサイト「発言小町」に、「職場での睡魔対策」をたずねるトピックが立てられた(2015年6月25日)。

   投稿者は40代半ばで、9時半から17時半までパートで事務仕事をしているという。

   電話や来客はあまりなく、パソコンで数字をチェックするというのが主な仕事だそう。

   それほどハードではないからか、午後や夕方にどうしても睡魔に襲われてしまうという投稿者は、「刺激の強いミント系タブレットを噛んだり、コーヒーを飲んだりして毎回しのいでます」という対策を講じている。

「十分睡眠をとる事や疲れをためない事に越したことないのですが、皆さんは睡魔に襲われた時どのようなことをしていますか?」

と、他の人の意見も求めている。

スパイス系料理も眠気を誘う!?

   回答者からは、昼の休憩中に短時間仮眠をとる「プチ昼寝」やカフェインの錠剤の服用、机の下でつま先まで伸ばしたり足首を回したりといった足の運動に加え、

「私は、チューブ入りの練わさびを、机に入れてあります。お茶にわさびを入れて飲みますと。そのとても強い睡魔にも打ち勝てます」
「昼食にご飯・パン・うどんなどの炭水化物を摂ると、てきめんに食後の眠気が襲ってきます。なので、昼食にはゆで卵とヨーグルト、チキンサラダなどだけ。炭水化物抜きです。甘くないコーヒー・紅茶と一緒に。カレーとかのスパイス系料理も眠くなりやすいので要注意です。スパイスのせいか玉ねぎのせいかわかりませんが、病的に眠くなるので大切な仕事がある日はそれ系は食べません」
「私は『取引先に電話をかける』でした。それでもダメな時はまぶたにム◯(原文ママ)を塗りました。タイガーバームとかなら、てきめんかもしれない。お試しは自己責任で」
「休憩室でジャガ○コ(原文ママ)をバリバリ。歯から頭蓋骨に響く硬い音で眠気が飛びます。運転中の眠気にも効きます」

など、目からウロコなやり方やかなりユニークな方法も寄せられている。

   最も効果的なのは仮眠だろうが、それが許されていない職場もあるだろう。仕事中にどうしてもウトウトしてしまう人は、変わった方法を試してみるのもアリかも?(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中