2020年 7月 13日 (月)

「仕事できる人=嫌なヤツ」? 「いい人が成功するわけねぇよ」の声も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   仕事が圧倒的にデキる人といえば、「冷静、客観的、論理的」などのイメージがある。が、往々にして、それは「冷徹」とか、「人を見下したような言動」につながりやすい。そんな印象を裏づけるような、ニューヨーク・タイムズのコラムが話題になっている。

   コラム「先見性あるリーダーらの悪しき振る舞い」(2015年6月26日)では、故・スティーブ・ジョブズや、アマゾンのジェフ・ベゾス、テスラ・モーターズのイーロン・マスクらが、勤勉で忠実な従業員を少しも大切に思わず、感謝もしなかった、と指摘。ベゾスは、アマゾンの従業員らに、「きみは怠けているのか、それとも無能なのか?」とか、「私の人生を無駄にするつもりか?」などと発言したという。成功者なら、高圧的で嫌味な発言も許される?

普通じゃないことを考えられる人の副作用?

あの人、仕事はできるんだけどなぁ~
あの人、仕事はできるんだけどなぁ~

   コラムによると、ジョブズやベゾス、イーロン・マスクらにとって、従業員は「目的を達成するための手段」でしかないのだ。そんな「嫌なヤツ」であっても、カリスマ的に支持されるのは、経済的成功を収めているため「普通の礼儀や人間性さえ無視するような振る舞いが事実上、容認される」からだという。

   同コラムは、東洋経済サイトでも日本語版が紹介され(7月7日)、ツイッターで多くの反応が寄せられている。「実際そうだと思うな~」とか、「どんなことをしてでも目的を達成するっていう強烈な信念があるんだろうな」など、おおむね納得するつぶやきが目立つ。

   「逆に庶民は、敵を作らずいいヤツでいるべしということね」と、皮肉る人もいれば、「無遠慮というのは、普通じゃないことを考えられる人の副作用だと思う」と、普通じゃないイノベーションを起こしたカリスマが、無遠慮なのは仕方がない、との意見もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中