フリーランスの筆者がグサっときた 知人からの「生活」めぐる忠告

印刷

   先日、知り合いから、こんなことを言われました。「あなたはフリーライターとして、土日も関係なくパソコンに向かっている。傍から見たら、会社員時代と比べて労働時間が増えて、苦しんでるようにしか見えないんだけど」。

   うっ、厳しいご指摘・・・。今回は、フリー(ランス)に、仕事の自由や、ワークライフバランスはあるのか? という、古くて新しい問題について考えてみます。

ワークライフバランス調査の結果は・・・

仕事漬けかも・・・
仕事漬けかも・・・

   人材採用を手がけるエン・ジャパン(本社・東京)が、正社員で働くことを希望する女性向けの求人情報サイト上で、利用者の20~40代、女性790人を対象に、「現在(離職中の方は前職時)のワークライフバランスはいかがですか?」と尋ねた結果、「良い」という女性は、全体の32%と、3人に1人に過ぎなかったそうです(「非常に良い」6%+「良い」26%)。

   雇用形態別に見ると、「現在(離職中の場合は前職時)のワークライフバランス」が「良い」との回答は、正社員で24%、契約社員で38%、派遣社員では40%となっています。職場での拘束が長い正社員女性では、ワークライフバランスが「悪い」との回答が44%にも達しているのです(「非常に悪い」16%と「悪い」28%の合計)。一方、契約社員で同じように「悪い」と答えた女性は35%、パート・アルバイトでは32%、派遣社員は21%でした(「女性の意識調査」2015年6月23日公表)。転職サイトに登録している人が対象なので、「ワークライフバランス」への不満が高めに出ている可能性はありますが、目安にはなります。

   驚いたのは、「フリーランス」の女性に聞いた調査結果。なんと、正社員よりも6ポイント高い「50%」が、現在(離職中の場合は前職時)のワークライフバランスが「悪い」と答えているのです。回答者には、現在フリーで働いている人と、現在は離職中で、前職がフリーという人の両方が混じっており、その割合は分からないのですが、いずれにせよ、ワークライフバランスが「悪い」と答えた割合は、フリーランス女子が最多でした。うーん・・・。

仕事漬けじゃない?

   冒頭の知人は言います。

「今のあなたは、ライターとして必死なのは分かるけど、『仕事と日常の区別がない生活』は、いつか破綻するよ?」

   筆者は、何とか反論します。

「でも、会社員時代のストレスを思えば、通勤時間だってゼロだし、楽しいよ。文章で食べていくのが目標だったから、今は『ワークライフバランス』が悪くたって不満はないんだけど・・・」

   それでも知人は、忠告するように言ったのでした。

「そりゃあ通勤の負担は減ったでしょうけど、土日も関係なく働いてるから、労働時間は確実に増えてるよね。仕事漬けじゃない? 今は良くても、そういう仕事のやり方を根本的に変えないと、フリーランスは将来、肉体的にも、金銭的にも苦しくなる。そういう人を、私は沢山見てきたの」

   グサっときました。会社員以外の方法で働くなら、将来をより具体的に見通すことが必要。だって、誰も何も、保障してくれないのだから。そんな「フリー」生活を始めて、3年も経ちませんが、暗中模索の日々です。他のフリーライター女子って、一体どんな生活をしているんだろう・・・。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)
北条 かや

講談社 2015-05-26
売り上げランキング : 54515

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中