2020年 11月 30日 (月)

「人並に働けば十分」が過去最高 今年の新入社員、「情けない」か「賢明」か

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   やる気がない若手社員が近頃多いと指摘する声や、その理由を「ゆとり教育」と関連付ける意見がネット上などで見受けられる。

   これに対し、「近頃の若者は・・・」論は昔から言われていて・・・との反論もあるのだが、このほど、「人並みに働けば十分」という新入社員が「過去最高になった」調査結果が明らかになった。

「サバサバした」傾向

人並みの働き方じゃダメですか?
人並みの働き方じゃダメですか?

   日本生産性本部と日本経済青年協議会は、2015年度の新入社員を対象にした「働くことの意識」調査結果を公表した(15年7月9日)。

   「人並み以上に働きたいか」という質問に対し、「人並みで十分」と回答した人は53.5%で、1969年の調査開始以来最高となった。

   「仕事中心か(私)生活中心か」という設問では、2010年に「仕事中心」が「(私)生活中心」を上回ってからその傾向が続いていたが、今年度は逆転し、「(私)生活中心」(9.5%)が「仕事中心」(9.3%)をわずかながら上回った。

   ほか、「就労意識」「生活価値観」「対人関係」の意識調査では、前年度と比較して「同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る」が6.4ポイント増、「収入がよくなくても、やり甲斐のある仕事をしたい」が5.1ポイント減、「すこし無理なくらいの目標をたてた方ががんばれる」が4.4ポイント減などで、「全体として職場や仕事へのコミットメントの低下傾向や淡白な印象が見られ、いわば『サバサバした』傾向が見受けられる」という結果になった(調査は15年3月11日から5月15日にかけて、「新社会人研修村」に参加した企業の新入社員2026人を対象に実施)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中