新入社員「残業よりデート」が4年連続増加 それでも「あの世代」の半分程度

印刷

   終業間近になって、急な雨のように降ってくるのが「残業」。そんなとき、「デート」の予定が入っていたらどうする?

   日本生産性本部が、例年実施している「新入社員『働くことの意識』調査」(2015年度、7月9日公表)によると、「デートの約束があった時、残業を命じられたら、あなたはどうしますか」という質問に対し、「デートをやめて仕事をする」は80.8%、「ことわってデートをする」が19%と、8割の新人が「プライベートな生活よりも仕事を優先する」と答えた。一方、「デート派」も、4年連続で増加している。新人たちの意識に、少しずつ「仕事より恋愛を優先したい」との意識が芽生えている・・・のか!?

「残業よりデート」派は19%

デートのはずが・・・
デートのはずが・・・
「だから! どうして! デートのある日に限って! 残業なのだ!?\(^o^)/」、「明日は残業ありませんよーに。デートなのです」――ツイッターを見ると、若手社員らとおぼしきアカウントからの、切実な投稿が多々見つかる。「残業でデートなくなりました、おつかれさまですー」など、おおむね「デート」と「残業」はトレードオフ、と考えられているようだ。

   冒頭の「新入社員『働くことの意識』調査」によると、「デートの約束があった時、残業を命じられたらどうするか」との問いに対し、15年度の新人で「デートを選ぶ」割合は、19%と、約5人に1人だった。11年度調査では、「デート派」は、わずか12.5%だったが、それ以来、4年連続で上昇。今回調査で、2割に近づいた。一方で「残業派」は、2011年の87%から、じりじりと減少している。新人たちの意識が、少しずつ「プライベート寄り」になっていると、みることもできる。

   調査結果を見て、ツイッターでは、新人たちのプライベート志向の高まりを、「これで権利だけは主張するんだよな~。┐(´д`)┌やれやれ・・・」と、嘆く向きもあったが、「残業派が圧倒的でありながらも、デート派もじわじわ。ワークライフバランス。デートも大切だからね!」と、理解を示す声もあった。そうなのだ。ここ4年は「残業よりデート派」がやや増加しているが、長期的なデータをみると、「デート」と答える最も高かったのは、今から24前の、1991年。なんと、約4割の新人が、「残業を命じられても、断ってデートへ行く」と答えていたのだ! 今の新人たちの、2倍近い割合だ。

「仕事よりもデート優先のおっさんのが多いよ」

   1991年度の新入社員たちは、今、40代後半。ツイッターでは、「仕事よりもデート優先のおっさんのが多いよ。半休とか、空き時間にとか。いや、本当多いよ!? 笑」との意見もあった。日本生産性本部のデータでは、「デート派」が4割で最高だった1991年度以降、「残業よりデート」を選ぶ新入社員は減少し続け、2011年度(12.5%)で、底を打っている。

   ツイッターでは、新人や若手のものと思われるアカウントが、「残業を断っただけで『デート』と思われて困る!」とつぶやく様子も、結構見つかった。

   「今日は残業せずにダッシュで職場を出たので、先輩にデートか?!と誤解をされた」という声もあれば、「残業断ると『◯◯ちゃん今日はデートだって~』って言ってくるのほんとやめて欲しい」との声も。さらには、「仕事終わった瞬間、ダッシュでロッカー戻ったから『デートか?』と上司に言われる始末。映画見に行くなんて言えない・・・」という人もいた。

   「上司に『こんな土曜日に遅くまで仕事するんじゃなくて、さっさと帰ってデートでもしてろ』とか言われた。くそう!」という人もいる。上司の皆さん、若手社員といえば皆がデート優先、というわけではないんですよ・・・(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中